« 菅改造内閣ができたけど | トップページ | 総務省が06年分収支報告書廃棄 2年分しか閲覧できず »

2010/09/17

待機児童 保護者の3割『仕事断念』 『生活が困難』切迫の声

 わー。仕事が終わんないよう。原稿は、ボツボツ、一本だけ、心配。こなかったら自分で書くのか??? それよりも、まず、対談の原稿をつくらなければ。2~3日間でできるかなあ。

 こんなニュースがあった。

待機児童 保護者の3割『仕事断念』 『生活が困難』切迫の声(東京新聞)

 認可保育所への入所を待つ児童が全国最多とされる横浜市。市が待機児童のいる保護者を対象に初めて実施した調査で、約三割が「仕事を断念した」と回答していたことが分かった。保護者からは「今のままでは生活が困難だ」などの切迫した声が上がっている。
 調査は、四月に認可保育所入所を申し込んだ約四万二千人の保護者のうち、二千二百七十九人に郵送で実施。七月一日現在での児童の保育状況をたずねたところ、八百十二人が回答した。
 市こども青少年局によると、最多の34・5%が「認可以外の保育サービスを利用している」と回答。企業内の保育施設や、ベビーホテルに預けている人もいた。
 次いで「求職活動をやめて自ら保育している」(17・1%)、「仕事を辞め、自ら保育している」(12・2%)となっており、約三割が仕事を断念し、子育てに専念している実態が浮き彫りになった。
 保護者からは「育休の延長ができず、退職させられた」「育児休暇を延長して対応しているが、復職できるか不安」との意見が寄せられた。
 また、「休日に仕事がある時、預けられる施設を増やしてほしい」「パートも預けやすい施設を」などの要望もあった。…

 この経済情勢のもとで、家族を、母親を追い詰めていることがよくわかる。仕事を断念というのが3割というのはおどろきの数である。退職も多い。
 横浜の調査だけど、横浜市のHPにはなかった。
 問題は、横浜ということである。一方で、規制緩和がすすめられたところだと思うから。
 去年だったと思うけど、横浜では待機児をこえる欠員があったというニュースもあった。
 詳しいことはよくわからないけれども、もしかしたら、子育て支援というのは、もっと当事者によりそって、使いがってのいいものでないと、ダメだということを教えているのかもしれない。
 くわしい人がいたら教えてほしいなあ。

 いずれにしても、興味深い記事であるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 菅改造内閣ができたけど | トップページ | 総務省が06年分収支報告書廃棄 2年分しか閲覧できず »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49479899

この記事へのトラックバック一覧です: 待機児童 保護者の3割『仕事断念』 『生活が困難』切迫の声:

« 菅改造内閣ができたけど | トップページ | 総務省が06年分収支報告書廃棄 2年分しか閲覧できず »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31