« インビクタス‐負けざる者たち‐ | トップページ | 米掃海艇、宮古寄港へ 21~24日「親善目的」 »

2010/09/16

戦後65年 沖縄戦の傷跡 相次ぎ発見 米国製未使用弾

Img00156201009151604_2 沖縄に仕事でいってきたので沖縄ネタ。実は、時間が少し空いたので、この視察に動向させてもらった。

戦後65年 沖縄戦の傷跡 相次ぎ発見 米国製未使用弾 赤嶺議員ら現場視察 沖縄・糸満(しんぶん赤旗)

 沖縄県糸満市の農地で8日、沖縄戦当時のものとみられる米国製の未使用弾2113発が見つかった問題で15日、日本共産党の赤嶺政賢衆議院議員と玉城ノブ子、西銘純恵の両県議が現場視察しました。
 同問題では、8日に那覇市首里で米国製の8インチ艦砲弾が、10日には北中城村で米国製砲弾など5600発の未使用弾が相次いで見つかっています。戦後65年を経てもなお、沖縄戦の傷跡が残るとともに、沖縄県民が日常生活で地中に潜む不発弾の恐怖にさらされ続けている実態を如実に示しています。
 発見現場は沖縄戦当時、日米両軍の激しい戦闘が行われた激戦地。昨年1月には、同地付近で不発弾が爆発し、工事中の男性が重傷を負う事故が発生しています。
 視察に応対した伊敷利夫県防災危機管理課不発弾処理班長によると、一般住民からの磁気探査要請は7月以降の約2カ月間で41件と例年の倍に上ります。伊敷班長は「民間に磁気探査機器を無償で貸し出しているが、企業が費用を全額自己負担しないといけないため、要請はほとんどない」と言います。…

 沖縄では、不発弾の発見が相次いでいる。いまだ、処理をされていない不発弾がほんとうに多いのだけれども、この間、問題になっているのは、未使用弾。つまり、先頭が一段落して、使わなくなった砲弾を、米軍がそのまま埋めていたと言われるものだ。
 泡瀬米軍ゴルフ場の跡から発見されたものは、そのまま米軍が占領して、そこに埋めた跡、米軍施設として使用していたものだ。それが、返還されて今回発見となったものだ。
 沖縄戦の傷跡には、沖縄戦の性格をそのまま反映している。そして、その後の戦後の沖縄の歴史も反映している。写真は糸満の発見場所だが、ここは、畑であったところだ。そう考えると恐ろしい。その傷に向き合うことぬきに住民の安全は保障されないという事実がよこたわっている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« インビクタス‐負けざる者たち‐ | トップページ | 米掃海艇、宮古寄港へ 21~24日「親善目的」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49471827

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後65年 沖縄戦の傷跡 相次ぎ発見 米国製未使用弾:

« インビクタス‐負けざる者たち‐ | トップページ | 米掃海艇、宮古寄港へ 21~24日「親善目的」 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30