« ソ連情報を米に提供=終戦直後、旧陸軍関係者ら-復権狙い?資料発見 | トップページ | 「命の値段」、非正規労働者は低い? 裁判官論文が波紋 »

2010/09/20

ホームレスの方の年金に関するサンプル調査状況

 これが、長妻さんと、山井さんのラインの最後の仕事っていうわけかなあ。

路上生活者の年金適正受給を(NHK)

 路上生活者、いわゆるホームレスの人たちの年金の受給状況などを把握するため、厚生労働省が100人余りを対象にサンプル調査を行ったところ、受給資格があるのに受け取っていない人が5人いることがわかり、年金を適正に受け取れるよう、自治体に協力を呼びかけることにしています。
 厚生労働省は、路上生活者、いわゆるホームレスの人たちの年金の受給や加入の実態を把握するため、ホームレスの生活を支援している施設に入所している人のうち、113人を対象にサンプル調査を行いました。その結果、60歳以上で、年金の受給資格があるにもかかわらず、手続きを取らずにいるために年金を受け取っていない人が5人いることがわかりました。厚生労働省は、この結果を基に推計すれば、全国でおよそ1200人のホームレスの人たちが、受給資格があるにもかかわらず、年金を受け取っていない可能性もあるとしています。厚生労働省は、今後さらに実態調査を進めるとともに、市町村が実施している生活相談の際などに、年金記録の確認もあわせて行うよう協力を求め、ホームレスの人たちが、年金を適正に受け取れるよう、取り組みを進めることにしています。

 サンプル調査の実物はこれ。

 貧困率の発表からはじまって、このラインのやったことっていろいろある。母子加算の復活もそう。児童扶養手当の父子家庭への支給もあった。
 今度の細川さんは、官僚との関係を改善すると言っている。厚生労働官僚は社会保障の改善は、いまの枠のなかって考えていると漏れ聞こえるから、細川さんはどうなのだろうか? 問題の派遣法の改正案を主導したもの彼だし。

 ただ、一方で、なぜに長妻・山井ラインでは、個々には前進的な施策を打ち出すことができても、抜本的な社会保障の改善、貧困の解決に踏み出すことができなかったのかということも今だから考える必要がある。そこに、いまの菅政権が立ち至った問題の鍵もあるのだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ソ連情報を米に提供=終戦直後、旧陸軍関係者ら-復権狙い?資料発見 | トップページ | 「命の値段」、非正規労働者は低い? 裁判官論文が波紋 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49500112

この記事へのトラックバック一覧です: ホームレスの方の年金に関するサンプル調査状況:

« ソ連情報を米に提供=終戦直後、旧陸軍関係者ら-復権狙い?資料発見 | トップページ | 「命の値段」、非正規労働者は低い? 裁判官論文が波紋 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30