« 米掃海艇、宮古寄港へ 21~24日「親善目的」 | トップページ | 待機児童 保護者の3割『仕事断念』 『生活が困難』切迫の声 »

2010/09/17

菅改造内閣ができたけど

 内閣改造が行われた。朝から、前原外相だもんなあ。明らかに、アメリカに向けたメッセージだ。前原氏は先の名護市議選の際にも、前市長の島袋氏らと密会を重ね、基地移設推進派へのてこ入れをすすめたと地元紙では報道されているほどである。しかし、選挙は反対派の圧勝である。民意に背いて、そんな人間を外相にもってくるのだから、自民党回帰以上なのかもしれない。

 そして基本方針

基本方針(平成二十二年九月十七日閣議決定)

各閣僚を始めとする政務三役は、次の方針に基づき、職務に専念するものとする。

一、昨年の政権交代の原点に立ち返り、国民の皆様にお約束した政策を政治主導・官邸主導で実現するため、政府与党が一丸となって邁進する。

一、国民が未来に対し希望を持てる社会を創るため、経済・財政・社会保障の一体的建て直しに誠心誠意取り組む。そのために、まずは直近の円高・デフレ状況に対する緊急な対応を行うとともに、一刻も早くこうした状況から脱却して、本年六月十八日に閣議決定した「新成長戦略」の着実かつ早急な実現を図る。

一、各閣僚は、国民の代表である国会が選んだ菅内閣の一員として、国務大臣としての総合的な立場から、省益にとらわれることなく、菅総理の指示の下で一体となって、内外の政策課題に取り組む。

一、限られた人材・予算を有効に活用する観点から、行政の無駄遣いの根絶を一層徹底するほか、情報公開を更に進めることにより、「行政の透明化」を推進する。

一、政務三役と官僚は、それぞれの役割分担と責任を明確にし、相互に緊密な情報共有、意思疎通を図り、政府全体が一体となって、真の政治主導による本格的な政策運営に取り組む

 かろうじて「国民が未来に対し希望を持てる社会を創るため」という文字があるが、具体的には、「成長戦略」である。これでは、財界は歓迎するのだろうなあ。一方で、「国民生活は第一」ということは、まったくなくない。社会保障は経済・財政に条件付けられてしまっている。
 見ていて、政治主導、官邸主導ということだけが強調される。何かしら「構造改革」に完全に舞い戻ったという印象もいける。そして、ここには外交はのべられない、なんなんだろう。
 人事にもそれは、現れているのだろうな。それでも、国民の期待を背にがんばろうとした部分は、切りすてられるという印象でもある。

 国会がはやく開かれ、しっかりした論戦がおこなわれることを期待したいものだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 米掃海艇、宮古寄港へ 21~24日「親善目的」 | トップページ | 待機児童 保護者の3割『仕事断念』 『生活が困難』切迫の声 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅改造内閣ができたけど:

« 米掃海艇、宮古寄港へ 21~24日「親善目的」 | トップページ | 待機児童 保護者の3割『仕事断念』 『生活が困難』切迫の声 »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31