« アルバイトは労働者に非ず????? | トップページ | ブラック企業、世にはばかる »

2010/09/26

4人に1人学費払えず中退 加藤沖大学長ら報告

 ふにゃら。今日はゆっくり寝て、それで、仕事はパスして、家で少し仕事をして、昼寝をして、
 そして、テレビが壊れたために、ついに薄型テレビを買ってしまった。37インチ。見やすいなあ。

 さて、

4人に1人学費払えず中退 加藤沖大学長ら報告(琉球新報)

 全国の医療・福祉関係者とその労働組合員らでつくる中央社会保障推進協議会は25日、那覇市内のホテルで「子どもの貧困を考える」をテーマに講演会を開いた。講演では経済的理由で4人に1人が大学を中退する現状や、県外との格差について報告があった。県外から約120人を含む総勢250人余が参加した。
 元コザ児童相談所所長の山内優子さん、加藤彰彦沖縄大学長、嘉数よしの沖縄タイムス記者が登壇。
 加藤学長は「沖縄大学は最近の調査で、年間4人に1人が退学していることが分かった。その理由の9割近くが学費が払えないという経済的理由だった」と報告。学費をためてから復学するなど多くの学生から相談を受けたと話した。
 山内さんは終戦から復帰するまでの27年間に、県外との制度格差が広がり今に続くと指摘。公設化が進まない学童保育や1年保育が中心となっている県内の幼稚園など制度的な遅れがあるとした上で「子どもの政策が後回しにされてきた結果。児童相談所の児童福祉司は、人口比で10万人に1人の配置だが、児童の人口が多い沖縄は、児童人口比で増やすべきだ」と課題を挙げた。…

 中央社保協の社会保障学校が沖縄で開催されていたんですよね。25日には、子どもの貧困の貧困のシンポジウムが開催されて、聞きたいよねえ。『沖縄子ども白書』のメンバーだけど。このブログでこの白書って紹介していなかったっけ。加藤(野本三吉)さんの本は紹介したけど。
 しかし、沖縄大学の報告は衝撃的。もともと、この大学は多くの困難を背負って出発した大学。沖縄返還の際、本土の大学の基準を、困難ななかで高等教育を沖縄でおこなうために努力していた私学にももとめられた。そこで、いろいろ苦労して再出発したのがこの大学。
 山内さんの報告も含め、基地依存の、補助金による開発中心が教育や福祉を送らせてきた。知事選はそういう進路を問う選挙でもあるのだと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« アルバイトは労働者に非ず????? | トップページ | ブラック企業、世にはばかる »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49572435

この記事へのトラックバック一覧です: 4人に1人学費払えず中退 加藤沖大学長ら報告:

« アルバイトは労働者に非ず????? | トップページ | ブラック企業、世にはばかる »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30