« 若年者雇用:自身の収入のみで生計 非正社員は3割 | トップページ | 名護市分は白紙検討 10年度再編交付金 沖縄防衛局長 言及 »

2010/09/03

奨学金の返還滞納、10年で2.6倍 文科省が報告書

奨学金の返還滞納、10年で2.6倍 文科省が報告書(朝日新聞)

 独立行政法人「日本学生支援機構」が扱う奨学金の返還滞納者が増えている問題で、文部科学省は2日、有識者がまとめた報告書を公表した。3カ月以上の滞納額は2009年度に2629億円と10年間で2.6倍に増加しているが、回収体制が追いついていないとして機構に抜本的な組織改革を求める方針だ。
 機構は04年に設立されて日本育英会から大学生の奨学金事業を引き継いだ。1999年度以降、有利子奨学金の規模が急速に拡大。無利子も合わせると今年度の貸与人員は118万人、事業費は10年前の2.4倍の1兆55億円に。
 一方で、貸し倒れの危険がある「リスク管理債権」にあたる3カ月以上の滞納額は、09年度に2629億円。卒業して返還中の273万人のうち21万人に達する。……

 なぜ、こういう事態が起きるのか。これは、国の支出を少なさから生じる高学費ということが根底にあり、そのうえに、昨今の、経済的な困難、若者の就労をめぐる不安定さがあるというのは、だれにでもわかることではないか。ところが、新聞報道をみるかぎり、回収の効率化に重きが置かれている。システムが古いからだとまで言われているようだ。大学ごとの滞納率の公表について検討が必要だとまで言っている。
 まだ、HPには掲載されていないけれども、いったいどういった報告書なのか、とても心配である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 若年者雇用:自身の収入のみで生計 非正社員は3割 | トップページ | 名護市分は白紙検討 10年度再編交付金 沖縄防衛局長 言及 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49333339

この記事へのトラックバック一覧です: 奨学金の返還滞納、10年で2.6倍 文科省が報告書:

« 若年者雇用:自身の収入のみで生計 非正社員は3割 | トップページ | 名護市分は白紙検討 10年度再編交付金 沖縄防衛局長 言及 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31