« 飛行経路の説明誤り 辺野古・普天間代替施設案 | トップページ | 8年で教職員2万人純増へ 小中30~35人学級に »

2010/08/25

基礎科学推進に法改正を 学術会議が政府に勧告

 やっと、仕事の山を越えたぞう。つつつつつつつつつつつつつつかれたああああああああああああああ。
 さて、日本学術会議の活動が活発だ。

基礎科学推進に法改正を 学術会議が政府に勧告(共同通信)

 日本学術会議(金沢一郎会長)は25日、基礎科学の重視や人材育成、男女共同参画推進の長期的な施策を定めることを、科学技術基本法に盛り込むよう法改正を求める政府への勧告をまとめ、菅直人首相に提出した。
 学術会議の意見表明で最も位置付けが重い勧告が出るのは5年ぶり。金沢会長は背景について「近年の政策は成果主義で出口志向。若い人が安易に結論が出る方向に向きやすく、20~30年先を考えると非常に危うい」と説明している。
 勧告はほかに、技術偏重との誤解につながりかねないとして、法律上の用語を「科学技術」から「科学・技術」に改めるよう求めた。現行の科学技術基本法では施策の対象外の人文・社会科学を、施策の対象に含めることも勧告した。

 学術会議は、法律にもとづいてつくられた組織だ。日本の科学者を代表して、政治に対して意見をのべる大きな権限をもつ。その学術会議が、日本の学術のあり方と、そして学術からの提案として、今年の春に「日本の展望」という提言を発表している。メーンの提言のほか全部で35本の提言がなされている。その提言にもとづいて、つくられたのが今回の勧告。

1.法における「科学技術」の用語を「科学・技術」に改正し、政策が出口志向の研究に偏るという疑念を払拭するとともに、法第1条の「人文科学のみに係るものを除く。」という規定を削除して人文・社会科学を施策の対象とすることを明らかにし、もって人文・社会科学を含む「科学・技術」全体についての長期的かつ総合的な政策確立の方針を明確にすること。

2.法において策定することとされている科学技術基本計画は、科学・技術研究の長期的かつ総合的な政策を確立し、科学・技術研究の持続的振興を図るべく「科学・技術振興基本計画」と改称すること。計画の対象となる事項については、従来の関連法規定(法第9条第2項第1号等)を改正して、「基礎科学の推進」、「人文・社会科学の推進」及び「開発研究等の推進」並びに「研究基盤の強化」を法に明記し、それぞれの課題を明確に位置付け、同時に科学・技術研究の統合的な発展を図ることとし、科学・技術研究の持続的振興のために長期的かつ総合的な政策を打ち出すべきこと。

3.「科学・技術振興基本計画」の対象となる事項として、科学と技術の全領域にわたる「次世代研究者等の育成・確保」及び「男女共同参画の推進」が重要であり、これに関して長期的かつ総合的な施策を定めるべきことを法に明記し、同施策の強力かつ計画的な推進を図ること。

4.「科学・技術振興基本計画」の策定に当たっては、あらかじめ、「わが国の科学者の内外に対する代表機関」(日本学術会議法第2条)である日本学術会議の意見を聴くものとすること。

 原文はここにある。とても大事な提起がなされている。

 日本では政治は、あまり学術というものを大切にしない。結果として産業などに生かせるような技術は、重視するが…。とくに、社会科学の軽視は甚だしく、それがこの分野の研究者の社会的地位に大きく反映している。
 一方で、昨日、学術会議が、ホメオパシーに科学的な根拠はないという会長談話を発表したけれど、ホメオパシーのような非科学的な医療が、何の批判もなく、一定の影響力をもつ結果を生んでいる。

 学術が社会に根づいていく、そのために、政治も、学術分野の議論に耳をしっかり傾ける。そういう政治の姿勢の転換がのぞまれるのだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 飛行経路の説明誤り 辺野古・普天間代替施設案 | トップページ | 8年で教職員2万人純増へ 小中30~35人学級に »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49252044

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎科学推進に法改正を 学術会議が政府に勧告:

« 飛行経路の説明誤り 辺野古・普天間代替施設案 | トップページ | 8年で教職員2万人純増へ 小中30~35人学級に »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31