« 沖縄知事選、伊波氏が出馬表明 普天間「県民意思示す」 | トップページ | 教育のつどい(3日目) »

2010/08/21

教育のつどい(2日目)

 教育のつどい2日目は、いつものように「教育課程」の分科会に参加。いやあ、すごくおもしろい議論でした。
 最初の報告は、宗谷の教育です。ここで、教育課程づくりがどのように進められているのかという報告。なぜ、宗谷では、学力向上や子どもの問題行動への対処ということでの社会的な圧力があるなかで、子どもに即しながら、子どもの学びや、子どものつながる力ということを重視できるのか。そんな議論だった。
 愛知の高校、教育課程づくりという課題が結構むずかしい高校での議論の紹介。埼玉のモジュール授業の導入をめぐる問題、東京の新任教員の成長。大阪の若い先生が、習熟度授業の矛盾のなかで、悩み成長する姿。

 教師の成長をささえるものはいったい何なのか。そんなことを何人かの先生にお聞きしました。その話は、胸にしみました。
 それから、やっぱり教育はただたんに個人の仕事ではない。もっと、社会することが必要だ、そのための教師の役割と責任。それを保障する”自由”。
 夜は、その分科会の7人でしっかり飲んで、いっぱい話をしました。深まったなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 沖縄知事選、伊波氏が出馬表明 普天間「県民意思示す」 | トップページ | 教育のつどい(3日目) »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49213305

この記事へのトラックバック一覧です: 教育のつどい(2日目):

« 沖縄知事選、伊波氏が出馬表明 普天間「県民意思示す」 | トップページ | 教育のつどい(3日目) »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31