« 終戦特集ドラマ 15歳の志願兵 | トップページ | 働くナビ:公立高校無償化で定時制の生徒の状況は? »

2010/08/16

夢の裂け目

02073105 井上ひさしさんの追悼公演がいろいろ行われている。なかなか見に行ったりする、暇もお金もないので、少し、井上さんの戯曲を読んでみようと思って、何冊か買ってきたりした。そこで、まず、読んでみたのが、この作品。
 うーん、やっぱり、井上作品のおもしろさ、おかしさは、舞台でみないとあかんなあ。とは思うけれど、文章でも、そこに込められた思いは伝わってくるかな。「満月狸ばやし」に重ねた東京裁判の構造、からくり。国民にとっての戦争責任。学者の難しい講釈なども交えながら、ツボを押さえて考えさせる。井上さんの舞台もおもしろさを想像しながら読んだ。
 あー、やっぱり、舞台が見たいと欲求不満。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 終戦特集ドラマ 15歳の志願兵 | トップページ | 働くナビ:公立高校無償化で定時制の生徒の状況は? »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49165190

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の裂け目:

« 終戦特集ドラマ 15歳の志願兵 | トップページ | 働くナビ:公立高校無償化で定時制の生徒の状況は? »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30