« 落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々- | トップページ | 耳をすませば »

2010/07/08

文科省SOS 運営費交付金など削減なら「阪大・九大消滅も」

 昨日から、いろいろなところで話題になっているニュースでもある。

文科省SOS 運営費交付金など削減なら「阪大・九大消滅も」 (産経新聞)

 参院選後に始まる平成23年度予算の概算要求で、文部科学省が大学の日常的な教育研究を支える「国立大学法人運営費交付金」などについて削減対象から外すよう要求していく方針を固めたことが7日、分かった。菅内閣が6月に閣議決定した「財政運営戦略」に基づき、省内で試算した結果、同交付金の削減額は約927億円。これを実行した場合、大学破綻(はたん)によるわが国の知的基盤の喪失や研究機能の停止といった深刻な結果を招く危険性が高いことから、文科省は「削減は到底困難」としている。
 6月22日に閣議決定された「財政運営戦略」の「中期財政フレーム」では23年度から3年間「基礎的財政収支対象経費」は前年度を上回らない方針が示された。文科省では年額1兆3千億円で伸びる社会保障関係経費を踏まえると、その他の一般歳出は年率8%の削減を余儀なくされると試算。これを機械的に国立大学法人運営費交付金にあてはめた場合、削減額は約927億円に上る。22年度までの7年間で達成した同交付金の削減額830億円を上回る法外な額だ。……

 実は、国大協が会長名で、この試算にもとづいた交付金削減反対の運動をおこすようにという訴えがだされたようだ。その資料は、東京大学職員組合のHPにのっている
 京大では、総長が、全教職員に対してメールで訴えを出したとも言う。こういう運動の提起が、文部科学省や国大協から発信されるということが、事態の深刻さを物語ってはいるのだけれども。
 同時に、それが学生に向けてなかなか発信されないのが、不思議でもある。もっと、大学の構成員として、学生を主体として扱う必要がある。それが、大学のあり方を、あるべき方向に向かわせてくれるようにも思うのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々- | トップページ | 耳をすませば »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48828838

この記事へのトラックバック一覧です: 文科省SOS 運営費交付金など削減なら「阪大・九大消滅も」:

« 落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々- | トップページ | 耳をすませば »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31