« なだしお事故二十三回忌慰霊祭、遺族「悲しみはいくら時間がたっても消えることはない」/横須賀 | トップページ | 嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」 »

2010/07/06

校門圧死事件20年 神戸高塚高校前で追悼集会

 そうか、もう20年になるのか。記憶が前後して、もうごちゃごちゃになっているけれど。衝撃をうけた事件。学校の教育活動が生徒を殺した…。

校門圧死事件20年 神戸高塚高校前で追悼集会(神戸新聞)

 1990年7月、神戸市西区の兵庫県立神戸高塚高校で、教諭が閉めた鉄製門扉に登校してきた女子生徒が頭を挟まれ、死亡した事件は6日、丸20年となった。校門前では市民グループによる追悼集会が開かれ、当時の生徒や保護者ら約25人が校門のそばに献花、黙とうをささげた。「無念を忘れず、語り続けたい」「今後も学校をしっかり見続ける」。冥福を祈り、誓いを新たにした。
 1年生だった石田僚子さん=当時(15)=が、午前8時半のチャイムと同時に閉められた鉄製門扉に頭部を挟まれた。登校指導で門扉を閉めた男性教諭は、校門を通る生徒の様子を確認しなかったなどとして業務上過失致死罪で執行猶予付き有罪判決を受けた。事件の背景として「管理教育」が挙げられ、生徒指導の在り方などが議論された。…

 当時、「管理主義」とよばれていた。ずいぶん、高校の様子はかつてとかわったような感じである。でも、一方で、子どもの声は尊重されるようになったのか? 子どもが安心できる学校になっているのか。かつてとは違う、より子どもたちを覆う重苦しいものが学校にあるような気がする。それは、なぜなのか。もっともっと考えないといけないとは思うけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« なだしお事故二十三回忌慰霊祭、遺族「悲しみはいくら時間がたっても消えることはない」/横須賀 | トップページ | 嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48814383

この記事へのトラックバック一覧です: 校門圧死事件20年 神戸高塚高校前で追悼集会:

« なだしお事故二十三回忌慰霊祭、遺族「悲しみはいくら時間がたっても消えることはない」/横須賀 | トップページ | 嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31