« 「普天間」交渉秘録 | トップページ | “光”からあなたへ -漫画家 戸部けいこさんが遺したもの- »

2010/07/29

米国防総省、グアム移転17年に延期も

 今日は久しぶりの雨で、少し一息。でも、暑い日が続いて、体調はもうバテバテ。少し中途半端に休んだりすると、身体がだるくって。少しねえ。

米国防総省、グアム移転17年に延期も(琉球新報)

 在沖米海兵隊グアム移転について米国防総省は27日、日米が合意した2014年期限を長期間延期する方針を盛り込んだ環境影響評価の最終報告書を公表した。過度な人口増で地元に与える影響が大きすぎると判断した。移転時期は「今後決定する」としているが、一例として、17年に延期することによってピーク時の人口を抑制できることを挙げた。
 グアム移転延期により、関連する米軍普天間飛行場の辺野古移設もずれ込む可能性が濃厚になった。グアム移転と一体と位置付けられている普天間飛行場の返還・移設に影響するのは必至で、日米合意の見直しは避けられない情勢になった。…

 コメントでも紹介してもらっているように、。「普天間・海兵隊のグアム移転 米国内問題へ発展 米議会、政府対応を糾弾」「地元意向を無視し、政府間合意を押しつけてきた権力のおごりに限界が見えてきた。米軍再編をめぐって日米が今、同じ状況に陥っている」とのべている。

沖縄海兵隊のグアム移転費6割減 米下院が予算案可決(共同通信)

 米下院本会議は28日、在沖縄海兵隊グアム移転費のうち、政府原案の6割にあたる2億7千万ドル(約235億円)余りを削減した、2011会計年度(10年10月~11年9月)の軍事施設建設に関する予算法案を可決した。グアム移転費は上院でも委員会段階で大幅に削減されている。…

 問題なのは、普天間の危険が解決されないこと。

普天間賠償2倍超、3億6千万円 高裁、騒音対策を批判(共同通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の周辺に住む387人が、米軍機の騒音で健康を害したとして、夜間や早朝の飛行差し止めや損害賠償などを国に求めた「普天間爆音訴訟」の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部は29日、一審那覇地裁沖縄支部判決を変更、約2・5倍の約3億6900万円の支払いを命じた。差し止め請求は再び退けた。
 判決理由で河辺義典裁判長は、ヘリコプターなどの低周波音と被害との因果関係を認めたほか「抜本的な騒音対策を講じておらず、日米間の騒音防止協定は形骸(けいがい)化している」と国の対応を強く批判した。
 移設が実現する見通しが立たない中、普天間飛行場の危険性にも「『世界一危険』と称される」と一審より踏み込んで言及した。
 原告側の弁護団によると、同種の騒音訴訟で低周波音の影響を認めたのは初めて。原告側は、退けられた飛行差し止め請求について上告の方針。…

 政治は、この責任を果たそうとしていないのだから。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「普天間」交渉秘録 | トップページ | “光”からあなたへ -漫画家 戸部けいこさんが遺したもの- »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49008254

この記事へのトラックバック一覧です: 米国防総省、グアム移転17年に延期も:

« 「普天間」交渉秘録 | トップページ | “光”からあなたへ -漫画家 戸部けいこさんが遺したもの- »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31