« 橋下「貸金特区」構想に日弁連が反対声明 | トップページ | 新聞を読みながら… »

2010/07/19

南沙織

 ボクが中学のとき、最初に熱中したアイドルが南沙織だった。下敷きに雑誌のグラビアを挟んだりね。そのときは、沖縄は、ボクらにとって「日本ではなかった」。事実、彼女はパスポートをもって上京し、デビューしている。
 土曜日の朝日新聞の「Be」に、思いかけず、彼女のインタビューが載っていた。そこで、彼女が普天間基地の直ぐ側で成長したことをはじめて知った。宜野湾市の基地のゲートの直ぐ側で育っている。

 彼女の言葉が、印象的。基地の街での生活を語り、そして、「言いたいことは一つです。沖縄の海を守って欲しい。基地はなくすべきですが、代わりn海を埋め立てたら取り返しがつかない」。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 橋下「貸金特区」構想に日弁連が反対声明 | トップページ | 新聞を読みながら… »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48919534

この記事へのトラックバック一覧です: 南沙織:

» 知花昌一さん [高知に自然史博物館を]
 今日は土曜日.沖縄の県民集会は明日である.その沖縄から知花昌一さんがやって来て,今日はその講演会だった.タイトルは:「ウチナンチュが語る.基地と沖縄,ガマの悲しみ」と... [続きを読む]

« 橋下「貸金特区」構想に日弁連が反対声明 | トップページ | 新聞を読みながら… »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30