« NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う 日清戦争の虚像と真実 | トップページ | 「沖縄知事選に官房機密費3億円」初証言 »

2010/07/22

普天間移設「工法8月決定」断念、米に複数案提示

 今日も、一日中、ゲラや原稿と睨めっこ。何となく順調にすすんでいます。明日からは印刷工場にこもります。

 さて。お決まりの迷走がはじまった。

普天間移設「工法8月決定」断念、米に複数案提示  基地移設(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、日米両政府は、代替施設の位置や工法を「8月末日」までに決定するとした今年5月の日米合意の実現を事実上断念する方向で調整に入った。
 複数の日米関係筋が21日、明らかにした。16日までの日米協議で双方の隔たりが埋まらなかったことに加え、普天間を結局沖縄県内に移すとした日米合意に対する沖縄の反発が強いためだ。日本側は8月末の時点では、複数案の提示でとどめる方向で対米調整を始めた。米側は菅政権が現実路線をとると見て合意履行に期待していたが、事態は進展せず、日米関係は再び緊張が高まることになりそうだ。
 普天間代替施設の具体的な建設位置や工法の検討について、5月の日米合意は、日米双方の外務、防衛当局の専門家が「(いかなる場合でも2010年8月末日までに)完了させる」と明記している。専門家協議は、6月21日(東京)、7月15、16の両日(ワシントン)の計2回開かれた。…

 だからね。地元は絶対に合意しないのだから、この基地移設は絶対に無理なんだって。
 そのことを9月と11月の選挙で、明確に示さなければいけない。いよいよ知事選の候補者選びも山場ですね。

 そのことはアメリカも、よくわかっている。

普天間移設、遅れる可能性を指摘 米上院委報告(読売新聞)

 米2011会計年度(10年10月~11年9月)の在沖縄米海兵隊グアム移転費を約70%削減した上院歳出委員会が、日本の参院選大敗で民主党の統治能力が弱まることに懸念を示し、11月の沖縄県知事選と合わせて、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設計画が遅れる可能性を指摘した報告書をまとめたことが21日分かった。
 報告書は、海兵隊のグアム移転を進めるには普天間飛行場の代替施設建設に向けた「目に見える前進」が必要だと指摘。米国防総省にとって、移設先のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)の埋め立てに対する県知事の許可獲得が鍵だと説明した。
 その上で、当初は今年8月とみられていた埋め立て許可は、11月の知事選後になり、11年にずれ込む可能性もあると述べた。…

 裏ではどんな圧力がかかっているのだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う 日清戦争の虚像と真実 | トップページ | 「沖縄知事選に官房機密費3億円」初証言 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48949544

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間移設「工法8月決定」断念、米に複数案提示:

« NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う 日清戦争の虚像と真実 | トップページ | 「沖縄知事選に官房機密費3億円」初証言 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30