« “記録せよ 記憶せよ”~井上ひさしの言葉~ | トップページ | 文科省SOS 運営費交付金など削減なら「阪大・九大消滅も」 »

2010/07/08

落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々-

 前にも書いたと思うけれども、この人の話は、福点になる前、音福亭MAKAと名乗っていたころに一度聞いたことがある。全盲の落語家。その舞台までを福祉ネットワークという番組が追っていた。

 去年9月、桂福團治一門の正式な弟子として認められ、名門「桂」の名を許された桂福点さん、42歳。
幼いころから人を笑わせることが好きで、先天性緑内障で高校生の時、視力を失ってからは見えなくても楽しめる落語の世界にひかれ、29歳のとき、桂福團治さんの下に入門。
番組では2月26日に行われた一門の公演にむけてけいこにはげむ落語家・桂福点さんと師匠・桂福團治さんの日々を追った。

 高校生のとき、失明し、そして話の芸術にめざめたということである。しかし、目が見えないために、わからないことがある。一つのしぐさも、見えていたころの経験に基づいて想像する。そういう壁を乗り越えながら、一つひとつ、芸を磨いていく。人は一人で生きていく、そして、支えられて生きていく。その両方の意味が大切なことは、彼や、彼の師匠の姿から見てとれる。見ているものに背筋をピンとのばさせてくれる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« “記録せよ 記憶せよ”~井上ひさしの言葉~ | トップページ | 文科省SOS 運営費交付金など削減なら「阪大・九大消滅も」 »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48828742

この記事へのトラックバック一覧です: 落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々-:

« “記録せよ 記憶せよ”~井上ひさしの言葉~ | トップページ | 文科省SOS 運営費交付金など削減なら「阪大・九大消滅も」 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30