« <ワシントン報告>米国の自信に陰り | トップページ | 南沙織 »

2010/07/18

橋下「貸金特区」構想に日弁連が反対声明

 テレビを見ていると、今日は、何局かで、貸金業法改正の問題がとりあげられていた。いずれも、ちょっとひどい内容。

橋下「貸金特区」構想に日弁連が反対声明(産経新聞)

 借り入れの総量規制などを設けた改正貸金業法による規制強化の一部を緩和しようと大阪府が内閣府に提案した「貸金特区」構想をめぐり、日本弁護士連合会(宇都宮健児会長)は14日、会長声明を発表し、構想に反対の姿勢を示した。…

 たしかに生活の困難がある。しかし、その生活の困難が、多重債務の大きな要因になってきたことも事実でしょう。だからこそ、いまやる必要があるのは、「、国の多重債務問題改善プログラムに基づく相談窓口の充実や多重債務者の相談窓口への誘導、低利貸付を含む各種セーフティネットの拡充、ヤミ金融の撲滅等に向けた取組」にほかならない。それを、貸金業法の再緩和にもっていこうなど、話のすり替えというか、逆立ちにほかならない。
大阪の主張は、行政としての責任放棄だし、テレビ局などは、どう考えても貸金業で、再び設けようという、大銀行資本を代弁しているとしか思えないのだけれども。とっても腹が立つ!

 日弁連会長声明はこれ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« <ワシントン報告>米国の自信に陰り | トップページ | 南沙織 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

きょうの新報は、与那嶺支局員の報道を使って、ついに「社説」まで出しよったよ。( ̄ー+ ̄)3面に随時掲載の「米国発 再考普天間問題」も、なかなか参考になるねえ。「沖縄に基地があるんではない」のだと。「沖縄が基地なのだ」と。沖縄が日本領土だったら、沖縄は基地にならなかったと。

 情報ありがとうございます。社説も読みました。9月、11月と大事な選挙が続きますね。秋には、沖縄取材に行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48910786

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下「貸金特区」構想に日弁連が反対声明:

« <ワシントン報告>米国の自信に陰り | トップページ | 南沙織 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31