« 新聞を読みながら… | トップページ | 生活苦で病院に行けず 受診抑制、県内で拡大 »

2010/07/20

桑田真澄の正論

 数日前、テレビで、桑田真澄の早稲田での論文を検証するような番組をやっていた。とりあげていたのは「体罰」。桑田の主張は、スポーツにはミスがつきもの、それに罰をあたえるのはまちがっていると。見事な正論である。番組ではバレーの中田、ソフトの宇津木、格闘技の魔裟斗が出ていたが、体罰に反対したのは魔裟斗だけだった。

 今日の朝日のオピニオン欄に「野球を好きになる7つの道」という桑田のインタビューが掲載されていた。それがまた正論だった。
 桑田は、次のように訴える。「1、練習時間を減らそう」「2、ダッシュは全力10本」「3、どんどんミスしよう」「4、勝利ばかりを追わない」「5、勉強や遊びを大切に」「6、米国を手本にしない」「7、その大声、無駄では」。精神主義を排する。
 スポーツの世界では、日本でも、こういう主張は広がっている。だけど、やはり、勝利至上主義、精神主義が跋扈している。

 桑田をめぐっては、いろいろな噂や事件があり、ダーティーなイメージもある。一方で、切れのいい、クレバーな彼の投球はやはりわすれられない投手でもある。
 彼の正論が、今後、野球の世界で、どういう波紋となって広がっていくのか。ちょっと、注目したいところ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 新聞を読みながら… | トップページ | 生活苦で病院に行けず 受診抑制、県内で拡大 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48927774

この記事へのトラックバック一覧です: 桑田真澄の正論:

» 「野球を好きになる7つの道」とは? [牧師さんのちょっといい話]
高校野球も県予選真っ最中。 かつての高校球児、桑田真澄氏が、 球児たちに「野球を好きになる7つの道」を提示していました。 (朝日新聞 2010年7月20日 オピニオン欄) 指導者は選手をしごきすぎ!? 桑田氏は自分の経験と、 また日本野球界が掲げてきた「野球道」への反省から、 以下の7つのことを提唱しています。 練習時間を減らそう ダッシュは全力10本 どんどんミスしよう 勝利ばかり追... [続きを読む]

« 新聞を読みながら… | トップページ | 生活苦で病院に行けず 受診抑制、県内で拡大 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31