« 岸首相、安保改定交渉で懸念表明 「朝鮮、台湾の巻き添え困る」 | トップページ | 落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々- »

2010/07/07

“記録せよ 記憶せよ”~井上ひさしの言葉~

 井上ひさしさんの作品には、いうまでもなく強い政治的メッセージがある。それを現代のプロレタリア文学の後継者という人もいる。今日のクローズアップ現代は、井上さんの言葉だった。

Photo29111 戦後に大きな足跡を残した劇作家の井上ひさしさんが亡くなって3ヶ月。7月1日、井上さんをしのぶ1200人が集まって都内で大規模なお別れの会が開かれた。ユーモアとペーソスあふれる数多くの小説や戯曲、エッセーを世に送り出した井上さん。そのテーマは多岐にわたるが、中でも多くの人びとの心に刻まれているのは笑いの中にくるみこんだ「戦争」への怒りと、「生きる」ことへの強いメッセージである。生前、井上さんが“壁”と呼び、最も深い信頼をよせ、創作活動のキャッチボールを繰り返してきた二人の人物、演出家の栗山民也さんと編集者の高橋至さん。井上さんが「戦争」をテーマに描いたほとんどの戯曲で演出を担当した栗山さんと、井上さんの人間賛歌の代表的セリフ、「きらめく星座」の中の感動的なセリフが生まれるきっかけを作った高橋さん。井上さんを最も知る二人がロングインタビューに応じ、語られざるエピソードや、書簡やファックスでのやりとりを公開。井上さんが遺したメッセージを探る。

 いま、『一週間』を読んでいる。かみしめながら、心して読みたい。たぶん、うちの押し入れのなかには何冊も井上さんの本が眠っているだろうな、若い頃読んだやつ。でも、当面、この間の、戦争を主題とした作品をこの夏は読んでみたいなあ、などと考えているところ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 岸首相、安保改定交渉で懸念表明 「朝鮮、台湾の巻き添え困る」 | トップページ | 落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々- »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48822732

この記事へのトラックバック一覧です: “記録せよ 記憶せよ”~井上ひさしの言葉~:

« 岸首相、安保改定交渉で懸念表明 「朝鮮、台湾の巻き添え困る」 | トップページ | 落語の中に世界が“みえた”-桂福点さん修行の日々- »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31