« 校門圧死事件20年 神戸高塚高校前で追悼集会 | トップページ | 使わない水に59億円 長良川河口堰の維持管理費 »

2010/07/06

嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」

 今日は職場で、実務。そして、インタビューの起こし作業。そして、メールのやりとりをまたまた何人かと。多面的に、いろいろ考えながら仕事をしなければいけないですね。

嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」(沖縄タイムス)

 外来機の相次ぐ飛来などで、米空軍嘉手納基地から発生する騒音が増加している。滑走路に近い屋良地区では6月、人が不快に感じる70デシベル以上の騒音が、4241回発生。平均して1日当たり140回以上記録している計算で、200回を超えた日も5日あった。嘉手納町に寄せられた苦情は6月、27件に上り、5月の14件の約2倍に。町民は「我慢できない」と窮状を訴えている。
 嘉手納町議会は6日、臨時会を開き、米軍普天間飛行場の移設先を名護市辺野古とした日米合意の撤回を求める抗議決議と意見書を提案。日米合意では、嘉手納の負担軽減も盛り込まれているが、「外来機の飛来・訓練が大きな被害を与えている」として、これに抗議する文言も盛り込まれる予定だ。
 嘉手納基地には5月から6月中旬にかけて、FA18ホーネット戦闘攻撃機やAV8Bハリアー垂直離着陸攻撃機が駐留したほか、6月下旬から8月上旬まで別のFA18も展開。6月からは約4カ月の予定で、ステルス戦闘機F22Aラプターも一時配備されている。
 所属機のF15戦闘機とともに連日離着陸を繰り返し、騒音は6月、5月の3292回から900回以上増え4241回に。米アラスカ・アイルセン空軍基地のF16戦闘機が駐留していた3月には4627回を記録し、月間の発生回数としては2005年以降最多となった。…

 いくら沖縄の負担軽減などと言っても、その実態はこうなのである。アメリカの軍事を優先する。アメリカのやりたい放題を容認する姿勢、そのための基地の問題に正面から向き合わないと問題は解決しない。そんな問題を、政治はなぜ横に置くのだろうか。
 そうか、騒音と共に、悪臭か。心が痛くなる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 校門圧死事件20年 神戸高塚高校前で追悼集会 | トップページ | 使わない水に59億円 長良川河口堰の維持管理費 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48814632

この記事へのトラックバック一覧です: 嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」:

« 校門圧死事件20年 神戸高塚高校前で追悼集会 | トップページ | 使わない水に59億円 長良川河口堰の維持管理費 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31