« 宜野湾市長、年度内に国提訴意向 「危険放置」は違憲 | トップページ | 政党政治とその課題 »

2010/07/02

2学期制から撤退続々 授業増効果期待外れ、現場に不評

 ニュースをクリップ。

2学期制から撤退続々 授業増効果期待外れ、現場に不評(朝日新聞)

 前期と後期の「2学期制」を採用した公立小中学校で、元の3学期制に戻す動きが相次いでいる。2学期制を採れば、3学期制に比べて始業式や終業式、定期テストなどの回数が減り、その分を授業に回せるメリットがあるとされてきたが、実際にはさほどの効果がなく、逆に「前期の中に長い夏休みが入るなどしてメリハリがつかない」と不評を買う結果に。一時のブームは冷めた格好だ。
 1年を前期と後期に分ける2学期制では、9~10月に数日間の秋休みを置いて境目にすることが多い。学校週5日制が完全実施された2002年ごろから、授業時数を増やそうと導入する学校が急増。文部科学省によると、導入した公立小の割合は04年度の9.4%が07年度は20.2%、公立中学校も04年度の10.4%から07年度は21.9%に増加した。ただし、右肩上がりだったのはここまで。直近の09年度の調査では小学校21.8%、中学校23.0%とわずかに増えてはいるものの、現場に目を落とすと評価する声は減っており、中止する学校が続いている。
 「年間で20~30時間増やせると期待したが、実際にはその半分以下だった」。09年度から3学期制に戻した大阪府四條畷市教育委員会の担当者は言う。05年から一部で2学期制を試行した兵庫県尼崎市の中学校でも、増えた授業時数は「年10時間ほど」。市教委の担当者は「この程度なら3学期制でもやりくりでひねり出せる」という。同市は昨年11月、全校導入を見送ることを決めた。
 横浜市では04年度までに約500の小中学校のほぼ全校が2学期制を導入したが、今年度、計11の小中学校が3学期制に戻した。中学校の校長の一人は「長い夏休みの前に通知表がなく、何を目標に勉強してよいのか戸惑う生徒がいた。期末テストを終えて、通知表をもらって夏休みに入るという3学期制のほうが、気持ちの区切りになる」と明かす。…

 行政改革、評価制度というのは新しいことをすることを求める。教育の在り方とか、子どもの実態、教師の苦悩やがんばりと離れた、机上で考えられたのがこの2学期制なんだろうなと思う。うちの二男が行ってた学校なんて、2学期制はやっぱり問題があるということで、5学期制を打ち出したり(笑い)。この間、すすめられた教育改革っていうものが、結局は、こういうものであり、いかにそういう改革を考える人と、現場とが離れているか、その総括も何もなくすすめられているということを表しているなあと思う。

 ドラマ「ハガネの女」の最終回。このドラマおもしろかった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 宜野湾市長、年度内に国提訴意向 「危険放置」は違憲 | トップページ | 政党政治とその課題 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48779372

この記事へのトラックバック一覧です: 2学期制から撤退続々 授業増効果期待外れ、現場に不評:

« 宜野湾市長、年度内に国提訴意向 「危険放置」は違憲 | トップページ | 政党政治とその課題 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31