« 嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」 | トップページ | 就職留年7万9000人…読売調査推計 »

2010/07/06

使わない水に59億円 長良川河口堰の維持管理費

 いやあ、お金はそれでも使われ続けているわけかあ。あれだけ、問題になったことの結末が、最大のムダ。これが日本の政治ってわけかあ。そして、だれもまともに反省しない…。

使わない水に59億円 長良川河口堰の維持管理費(中日新聞)

 6日で本格運用から15年を迎える長良川河口堰(ぜき)(三重県桑名市)の昨年度までの維持管理費が187億円に上ることが、水資源機構中部支社(名古屋市)などへの取材で分かった。このうち愛知、三重両県は工業用水、名古屋市は水道用水の管理費として計59億円を支払ったが、一滴も使われていない。老朽化した設備の更新期を迎え、経費はさらにかさむ見通しだ。
 同支社によると、維持管理費は毎日の堰の操作や点検、補修費、管理所の職員の人件費など。昨年度まで毎年9億8千万~15億6千万円(平均12億5千万円)が使われ、本年度も10億円の予算がついている。
 河口堰には治水と利水の機能があり、治水分の維持管理費は国と愛知、岐阜、三重の3県が負担。利水分の維持管理費は利用者負担となり、水道用水分を愛知、三重両県と名古屋市が、工業用水分を愛知、三重両県が負担している。
 しかし、新たに使えるようになった水量(最大毎秒22・5立方メートル)のうち、実際に水が使われているのは愛知、三重両県の水道用水の計3・6立方メートルだけ。水余りで、愛知と三重の工業用水と名古屋市の水道用水は取水口や導水路もなく、15年間、一滴も使われないままになっている。
 それでも堰運用後、工業用水の維持管理費に愛知県は15億3千万円、三重県は33億5千万円を負担。名古屋市も水道用水用に10億4千万円を支払ってきた。
 数年前からは設備の更新が本格化。昨年、ゲートを操作するメーンコンピューターを3億5千万円で入れ替えることを決めた。今後5年間で11億円程度の消耗品の更新を計画。その後、モーターなど高額な電気設備が更新期を迎える。…

 ちなみに市民運動から、毎回の選挙で、この長良川河口堰の問題についてのアンケートが出されている。民主党はこれまでずっと水門を開放するなどの回答していたそうだけれど、政権についた今回は回答がないそうである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」 | トップページ | 就職留年7万9000人…読売調査推計 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48814771

この記事へのトラックバック一覧です: 使わない水に59億円 長良川河口堰の維持管理費:

« 嘉手納 騒音増4241回 先月屋良地区 外来機の飛来影響 町長「悪臭際立つ」 | トップページ | 就職留年7万9000人…読売調査推計 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31