« 引きこもり、就職などがきっかけ 30代からも、内閣府 | トップページ | 初任者研修制度・新規採用教員問題シンポジウム »

2010/07/27

品川の小・中学校は、今どうなっているのか

Img00135201007271854 夜は、民主教育研究所などが主催した「品川の小・中学校は、今どうなっているのか 学校選択制と小中一貫校の設置による公教育の変貌と問題点」に行ってきた。品川の「教育改革」については、何度か議論の場にいったこともあるし、直接、教育委員会の関係者の話を聞いたこともある。ニーズを逆手にとってはじまった「教育改革」だと記憶しているが、その行き着く先には、ちょっと驚いてしまった。これはちょっと…。小中一貫などは、学校の統廃合をセットで進めながら、かなり、無茶なことをやっているという感じ。何よりも、反対する教員を飛ばし、よくない報告は書き直させ、そうしたトップダウンの「改革」は、むちゃなことでも、実現させてしまう。運動にとっては、かなり厳しい局面だが、無理なことはいずれは破たんする。ぶれずにたたかうしかないということかと。とても重い気分になった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 引きこもり、就職などがきっかけ 30代からも、内閣府 | トップページ | 初任者研修制度・新規採用教員問題シンポジウム »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49000850

この記事へのトラックバック一覧です: 品川の小・中学校は、今どうなっているのか:

« 引きこもり、就職などがきっかけ 30代からも、内閣府 | トップページ | 初任者研修制度・新規採用教員問題シンポジウム »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31