« よみがえる戦場の記憶 ~新発見 沖縄戦600本のフィルム~ | トップページ | G20、財政赤字半減で合意 日本は「例外」の扱い »

2010/06/28

キャピタリズム~マネーは踊る

T0008064 あいかわらずマイケル・ムーアはおもしろい。でもやっぱり、こういう映画は、そのときに見ないとダメだなあ。リーマンショックを切り口に、サブプライムなど、マネーに踊るアメリカの金融資本主義の本質にせまろうというもの。いかに、人をものとして扱い、ごく一部のものが勝ち組のして、冨を享受するものになっているのかをリアルに明らかにする。

 それでも、アメリカは変わろうとする――それはたぶん変わらざるをえないのだろうけれども、オバマがその期待に応えたかの検証も、ぜひ期待したいのだけれども、その変化と未来は、働くもののたたかいにしかない。そのことをよく描いているし。そこで大切にされるものが、一人の人間としての安心の権利、人権であり、それを保障するシステムが民主主義だというわけである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« よみがえる戦場の記憶 ~新発見 沖縄戦600本のフィルム~ | トップページ | G20、財政赤字半減で合意 日本は「例外」の扱い »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48738750

この記事へのトラックバック一覧です: キャピタリズム~マネーは踊る:

« よみがえる戦場の記憶 ~新発見 沖縄戦600本のフィルム~ | トップページ | G20、財政赤字半減で合意 日本は「例外」の扱い »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30