« サマーウォーズ | トップページ | 知的障害教育の開拓者セガン 孤立から社会化への探究 »

2010/06/22

9党党首討論

 ああ、フランス…。

 さて、仕事は山場。選挙前に最後の山である。これを越えると、本職のほうは、選挙後を考えるわけで…。
 今日は、午後から9党党首討論を見る(聞く)。

9党首討論の冒頭発言要旨(共同通信)
9党党首討論の質疑詳報(共同通信)

 もう一つおもしろくない。それはなぜか。
 一つは、記者を介して、質疑応答という形ですすめると、どうしても民主党や自民党の答弁が中心になる。そもそも、9党といっても、外交や経済政策で民主党と似通った議論をしている政党が多いわけで、なかなか争点が浮き彫りにならない。それでも、菅さんは、正面からの批判には、敏感に反応する。たとえば、消費税増税について、大企業減税のためのものだという志位さんの批判に敏感に反応。「まったくの間違いだ」という。そろ理由として、法人税は減税するが課税ベースを広げるからという。でも、ここにま矛盾がある。日本の法人税の実効税率が40%と言っても、さまざまな減税で、大企業は10%台から20%台の税金しか払っていない。それを、課税ベースを広げ、そういう減税をなくして、基本の実効税率を下げる。つまり、実際の大企業の支払う税率を上げたり、維持したりするのならば、それは法人税減税とは言わないだろうから。同時に、法人税減税を「強い経済」をつくる政策の柱に位置づけている。つまり法人税減税で企業の活動を活性化し成長をはかるという政策だ。結局、大企業の税金を減税するということではないのか。そもそも、記者を介さず、政党同士で討論させたら、こういう点の議論になって、おもしろくなったのだろう。

 もう一つは、自民党の谷垣さんのあまりにもの発言。結局、この人は、いまなんで自民党が国民から見放されているのか、よくわかっていない。これまでの自民党政治の問題をふりかえることなく、ただ責任をもって、自民党ならうなくやれると言われても、それが嫌だって国民は思っているの!

 さて、明後日は公示である。選挙にどっぷりつかりながら、その先を探る日々?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« サマーウォーズ | トップページ | 知的障害教育の開拓者セガン 孤立から社会化への探究 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9党党首討論:

« サマーウォーズ | トップページ | 知的障害教育の開拓者セガン 孤立から社会化への探究 »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30