« 憲法と現実政治 | トップページ | 党憲法調査会の復活検討=民主幹事長 »

2010/06/23

65年目の慰霊の日

 仕事の山は越えたって言ったけど、そんなことは全然ありませんでした。今日も、なかなか、なかなかの一日…。いろいろあって、もう疲れた。

 さて、今日は沖縄の慰霊の日です。

 その日の様子は、琉球新報の号外
 沖縄タイムスの号外

 やはり、今年の慰霊の日は、いつもの年とは違う。政権への強い抗議が込められている。全戦没者追悼式の、県議会議長の主催者挨拶でも、遺族会会長の挨拶でも、強い、基地の「県外移設」、撤去への思いが語られたし、高校生の発言(朗読)が胸を打つ。

 沖縄の人たちの発言、沖縄の新聞の論調を見ていると、明らかに戦争のない社会、そのためにも基地(軍隊)をなくすという強い思いにまですすんでいる。そこに9条の本来の姿を見る。復帰で9条を求めた沖縄が、いま9条で日本を照らしだそうとしている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 憲法と現実政治 | トップページ | 党憲法調査会の復活検討=民主幹事長 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48705934

この記事へのトラックバック一覧です: 65年目の慰霊の日:

« 憲法と現実政治 | トップページ | 党憲法調査会の復活検討=民主幹事長 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30