« 不登校などについて | トップページ | 普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見 »

2010/05/28

Prime Minister Hatoyama’s Pursuit of Equity(鳩山首相が求める公平性)

 時代は正直言って、ブログから完全にツイッターに移ったという感じがする。情報をいろいろ知るのも、ツイッター経由が多くなっている。今日の収穫はやっぱりこれかな。

 Observing The Worldさんのブログにある、米外交委員会の対日政策担当のSheila A. Smith氏の5月18日付の論文「Prime Minister Hatoyama’s Pursuit of Equity(鳩山首相が求める公平性)」もついての紹介。
 ここでは、普天間問題の本質が「問題の本質は政策論議ではなく、日本の戦後の社会的枠組みの中で利益を得ていたのは誰か、そして利益を得られなかったのは誰かということを深く理解することにある。
 日米同盟の枠組みで利益を得ていたのは米国及び日本政府と本土の住民だ。一部、沖縄利権にありつけた地元の土建業者もそれに含まれるだろうが、米軍基地の75%を押し付けられた大部分の沖縄住民は"not benefitted"だったのである。日米両政府が取り組むべき課題は、この過大な負担を軽減することにあり、…」
 とのべている。
 この論文では「軍部に対しては日本側の要求に対して柔軟に対処するよう提言し、そして米国政府に対しては、沖縄問題は日本政府以上に米国にとって重要な問題であると結論付けている」というのだ。

 原文は、http://blogs.cfr.org/asia/2010/05/18/prime-minister-hatoyama%E2%80%99s-pursuit-of-equity/

 実は、アメリカの議論も多様であり、日本で報道されるような国防総省サイドの議論だけではない。そもそも世界が変化していることアメリカ自身も敏感であるのだ。政権が、その世界の変化を見るべきなのだ。

 いよいよ袋小路に突入したこの問題。ボクらは、ぶれずに声を上げ続ける。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 不登校などについて | トップページ | 普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48475254

この記事へのトラックバック一覧です: Prime Minister Hatoyama’s Pursuit of Equity(鳩山首相が求める公平性):

» ★普天間代替施設に求められる機能とは! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
画像はクリックで拡大します。★普天間代替施設に求められる機能とは!1600m滑走 [続きを読む]

« 不登校などについて | トップページ | 普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31