« シンポジウム 歴史教科書 いままでとこれから PartⅥ | トップページ | 卒業、しかし…高校生 就職難の中で »

2010/05/09

日中戦争:憲兵の手紙424通公開

 ニュースをクリップ。

日中戦争:憲兵の手紙424通公開(毎日新聞)  日中戦争(1937~45年)の前線で憲兵の任務についていた山梨県龍岡村(現韮崎市)出身の五味民啓(たみよし)さん(79年死去)が当時家族に出した計424通の手紙が見つかり、甲府市内で公開されている。五味さんは戦争に懐疑的だったが、憲兵だったこともあって手紙は軍の検閲を受けなかったとみられ、「新聞記者のついて来る戦場は勝味のある場所です。新聞で伝わるのは、ほんの一部分」といった率直な記述が随所にある。専門家は「極めて史料価値が高い」と評価している  五味さんは旧制甲府中(現・甲府一高)に首席で合格したが、養父に反発して上京。会社勤めの傍ら中国語を学んで会話も堪能だった。製薬会社に勤めていた時に召集され、1937(昭和12)年9月、24歳で陸軍第149連隊(甲府市)の兵として中国に渡り、40年3月に帰還するまで郷里の妻や弟に手紙を送り続けた。38年1月に戦地の警察官である「憲兵」となったが、それ以前から軍隊内で文書処理などに携わっていたといい、自分が書いていた手紙の検閲は受けていなかったとみられる。  長女の保坂衣子さん(68)によると、作家か新聞記者を目指していた五味さんは、召集前に「こんな戦争を続ければ日本は世界から孤立する」と周囲に語っていた。手紙の文面からは戦争への冷徹な視点がうかがえ、戦時中の史料を収集している山梨平和ミュージアム(甲府市)の浅川保理事長(64)は「回顧ではなく、その場で書かれたという意味でも貴重」と評価する。…

 早いうちに保存されている山梨の平和ミュージアムに行きたいですね。この人も戦後は村長をつとめながら、戦争についてはいっさい語っていないわけで、兵士の生の体験の直接継承することはとても大事だと思う次第。
 さて、これから録画してあったNHKのドキュメントを見るつもり。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« シンポジウム 歴史教科書 いままでとこれから PartⅥ | トップページ | 卒業、しかし…高校生 就職難の中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48309786

この記事へのトラックバック一覧です: 日中戦争:憲兵の手紙424通公開:

« シンポジウム 歴史教科書 いままでとこれから PartⅥ | トップページ | 卒業、しかし…高校生 就職難の中で »