« 揺れる灯火(ともしび)~格差時代の定時制高校 | トップページ | 結婚せぬ理由、男「お金」女「自由」 20、30代調査 »

2010/05/25

オックスフォード大学出版局、雑誌で「日本における貧困と不平等」を特集

 今日、岡ちゃん(岡田監督)が鳩山さんを訪問したそうだ。これって、ちょっとブラック…。

 さて、

オックスフォード大学出版局、英文学術誌『Social Science Japan Journal』2010年第1号 「日本における貧困と不平等」に関する記事を含む特集号を出版

 『Social Science Japan Journal(SSJJ)』の2010年第1号は、近代日本における貧困と不平等に焦点を当てた特集号を出版します。これらの論文は、不平等、階級帰属意識、様々な形態の社会的排除、所得再分配政策、福祉に対する理解を深めるため、豊富な経験的データを提供し、議論を活発化するものとなっています。
 その他の論文では、近代日本のボランティア活動、明治時代の儒教的道徳観、日本企業の報酬に関する慣習についての調査などを取り上げています。特に、日本と階級化の両面を研究されている社会科学者にとって、非常に有益かつタイムリーな学識となることを期待しています。…

 なぜ、世界は日本の貧困に注目するのか。たぶん、日本がこの10年成長しない国になっているから。成長しないが、その冨は、力のあるもの、大企業などが独占し、多くの国民の所得が減少し、とりわけ、低所得層は底が抜けた貧困の状態にある、そういう発達した資本主義ではない状況が出現しているからなのだろうと、たぶん思う。
 そういう意味で、こういう外国の研究者の論考なども読んでみたいと、思うけれどね。
 貧困の広がりのもとでの、怨嗟のような思いが、政権交代を生んだのだと思うけれども、結局、この政権は効果的な対策を打つことができていない。これはいろいろ論じたいことはあるけれども、財政の再配分という構想がないと感じてしまうのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 揺れる灯火(ともしび)~格差時代の定時制高校 | トップページ | 結婚せぬ理由、男「お金」女「自由」 20、30代調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48458291

この記事へのトラックバック一覧です: オックスフォード大学出版局、雑誌で「日本における貧困と不平等」を特集:

« 揺れる灯火(ともしび)~格差時代の定時制高校 | トップページ | 結婚せぬ理由、男「お金」女「自由」 20、30代調査 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30