« 病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~ | トップページ | 講師の「細切れ雇用」で、大学は教育できるのか? »

2010/05/24

「新卒切り」に気をつけて 甘い採用計画、新人が「調整弁」

 昨日、最低限のメドをつけ、今日はゆとりがあるかと思ったら、トンデモナイ! ああ……。なかなか思ったように、仕事は進行してくれません。もうヘトヘトです。

 さて、こんな記事。

「新卒切り」に気をつけて 甘い採用計画、新人が「調整弁」(朝日新聞)

 4月の入社時期の前後、内定学生や新入社員が理不尽な要求をされ、内定辞退や退職を迫られるケースが目立っている。「新卒切り」とでも言うべき事態だ。専門家は「きちんと採用計画も持たず、新人を調整弁にする企業もある」として、就職活動をする学生に注意を呼びかけている。

■怒鳴られ続け、9日目「自主退職」
 今春、京都市の私大大学院を卒業した男性(25)は、入社9日目で「自主退職」した。
 神戸市に本社を置くITコンサルタント会社に内々定が決まったのは昨年5月。東京に配属されたため都内に引っ越し、4月1日に入社した。
 初日。少し早めの15分前に出社した。いきなり上司から「他の人はもっと早く来ている。意欲が足りない」と叱責(しっせき)された。その後も、電話の応対や退社時間をとがめられ、「落ちこぼれ」「分をわきまえろ」「君が劇的に変わらなければ一切仕事はさせない」と怒鳴られ続けた。
 出社3日目からは、連日反省文を書かされた。
 そして4月9日の夜。上司から会議室に呼び出され「もうしんどいやろ?」と退職を迫られた。「まだまだ頑張れます」と反論したが、上司は「給料だけもらって居座るのか」とたたみかける。2時間近くたって疲れ果てた頃、退職届が目の前に差し出された。ぼうぜんとしたまま「自己都合」としてサインした。
 男性は先月末、この会社に復職するつもりはないものの「無理やり書かされた退職届は無効」として、社員としての地位確認と3年分の給与支払いを求める労働審判を東京地裁に申し立てた。……

 この記事では、内定学生が入社直前に、辞退に追い込まれるケースも紹介している。都内の私大女子学生(23)は昨秋、人材派遣会社の内定式で突然「3月に入社して下さい」と言われたそうだ。卒業旅行の日程を変えて「入社」。特別に休暇がもらえた卒業式の日と土日以外、毎日午前9時から午後6時まで、パソコンの使い方を覚えるというメニューだけで拘束された。大学に相談すると「あまりに異常」。悩んだが内定辞退した。同期120人の5分の1が辞めていくことを後で知った。「人を育てる姿勢がなかった。多く辞めることを見込んで採用しているとしか思えない」 と。都内の私大の元女子学生(24)の場合は、「内定切り」に遭った。内定していた都内のITコンサルタント会社からメールが来たのは一昨年10月。「入社前に取得して下さい」と四つの民間資格が示されていた。年明けの2月には直接呼び出され、いきなりIT知識を問うテストがあった。結果を見た執行役員から「君の大学では一生上に上がれない」「クズと同じだ」と面罵(めんば)されたというのだ。

 内定切りが批判をうけ、”いじめ”みたいなやりからで、退職や辞退に追い込んでいく。そこには、若者を、人としてみるのではなく、労働力の供給の、「調整弁」、モノのようにしか見ない、企業の姿。競争という名に駆られて、徹底した儲け本位を貫く企業の姿だ。だが、これが、日本経済の成長をとどめているのではないのか?
 非正規が当たり前のように組み込まれた雇用のもとで、恐ろしいほどの不安定化のなかで、若者たちは生きている。そのことをあらためて痛感させられた。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~ | トップページ | 講師の「細切れ雇用」で、大学は教育できるのか? »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48448080

この記事へのトラックバック一覧です: 「新卒切り」に気をつけて 甘い採用計画、新人が「調整弁」:

« 病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~ | トップページ | 講師の「細切れ雇用」で、大学は教育できるのか? »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31