« 憲法改正:国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席 | トップページ | 石綿被害で国に賠償命令 大阪地裁、初の判決 »

2010/05/19

クラスター弾 3度目投下 嘉手納議会、抗議決議

 本土の新聞ではほとんどふれられないけれども、驚きのニュースである。

クラスター弾 3度目投下 嘉手納議会、抗議決議(琉球新報)

 18日午前10時50分ごろ、米空軍嘉手納基地から、非人道的兵器として、国際的に全面禁止の動きが進むクラスター(集束)弾を装着したとみられる米海軍のFA18ホーネット戦闘攻撃機4機が飛び立った。集束弾を搭載したとみられる訓練飛行は12日、17日に続き3度目。こうした動きに対し、嘉手納町議会(田崎博美議長)は18日、臨時会を開き、集束弾の使用や外来機の飛来中止などを求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。
 目撃者によると、FA18はそれぞれの機体に集束弾1発ずつを装着して離陸。午後0時20分ごろ同基地に帰還した際には、4機とも装着しておらず、鳥島射爆撃場(久米島町)など沖縄近海で投下した可能性がある。地元では、集束弾の危険性や拡大する訓練への不安が高まっている。……

 クラスター爆弾の禁止条約には日本も署名している。なのに、米軍に対しては、「米側に確認をしたところ、米軍は『日米安全保障条約の目的の達成のために必要な訓練を定期的に行っているが、訓練内容、使用弾種、訓練実施場所などの詳細については運用上の理由から明らかにできない』との答えがあったところです」と、それ以上問題にする構えはない。
 日本の外交って、一体何なんだろうか? いつもてっぺんには安保がある。ここを変えなければ問題は解決しないということか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 憲法改正:国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席 | トップページ | 石綿被害で国に賠償命令 大阪地裁、初の判決 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48399639

この記事へのトラックバック一覧です: クラスター弾 3度目投下 嘉手納議会、抗議決議:

« 憲法改正:国民投票法施行で記念集会 野党の30人出席 | トップページ | 石綿被害で国に賠償命令 大阪地裁、初の判決 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31