« Prime Minister Hatoyama’s Pursuit of Equity(鳩山首相が求める公平性) | トップページ | 異常国会… »

2010/05/28

普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見

 もしかしたら今年の5月28日は、歴史に残る日かもしれない。それだけ、ひどいことが、朝から続いた…。

普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見(毎日新聞)

 鳩山首相は28日夜、首相官邸で記者会見し、普天間移設問題について「県外に移せないか、徳之島、全国の他の地域で負担を引き受けていただけないか、私なりに一生懸命努力した。申し訳ない思いでいっぱいだ。私自身の言葉を守れず、沖縄県民の期待を裏切り心よりおわびしたい」と述べ陳謝した。
 首相はそのうえで「当初思い描いていた抜本的な負担軽減には小さな一歩、半歩に過ぎないかもしれないが、この一歩を出発点に今後も粘り強く基地問題の解決に取り組むのが使命だ」と述べ、今後も首相の職務を続けることを明言した。…

 日米共同声明はこれ。

 この共同声明にはこんな仕掛けがあることも報道されている。

滑走路2本の余地残す=英文は複数形の「S」併記-普天間・日米共同声明(時事通信)

 日米両政府が28日発表した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する共同声明は、同県名護市辺野古周辺に建設するとした代替施設の滑走路について、英文で「runway portion(s)」と複数形をかっこ付きで併記し、現行計画通り2本とする余地を残した。…

 この後、福島大臣の罷免、そして、連立そのものが揺らいでいる。

 問題の本質は、政権が沖縄の声を踏みにじったこということにある。
 稲嶺市長は言う。

鳩山首相との交渉拒否=福島氏罷免「政権に禍根」-稲嶺名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は28日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設に関する政府対処方針決定を受けた今後の対応について「私は交渉の場に立たない。それ(辺野古への移設)を前提するなら、向き合うどころか対峙(たいじ)、対決だ」と述べ、鳩山由紀夫首相との交渉には応じない考えを示した。名護市内で記者団の質問に答えた。
 辺野古への移設が盛り込まれた日米共同声明に関しては「手順、やり方は民主主義の否定であり冒涜(ぼうとく)だ。政治への信頼もすべて無くしてしまう」と強く批判した。…

 たたかいは新たな局面にうつる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« Prime Minister Hatoyama’s Pursuit of Equity(鳩山首相が求める公平性) | トップページ | 異常国会… »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48482356

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間問題:鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見:

« Prime Minister Hatoyama’s Pursuit of Equity(鳩山首相が求める公平性) | トップページ | 異常国会… »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31