« 日本の、これから ダイジョーブだよね? 若者とニッポン | トップページ | イギリスと日本のあいだ »

2010/05/07

日米同盟 抑止力 あれこれ

 今日は、朝から会議。物議を醸す問題発言をくり返しつつ(笑い―嘘)。昼に、いろいろ話をしていると、やっぱりボクって敵が多い(苦笑)。今日は、いろいろ電話やメールのやりとり、企画の相談で忙しいなあ。やっぱり夏までは、この忙しさは続くんでしょうね。あーあ。

 さて、企画の資料をいろいろ整理をするときに、強く思うことがある。普天間の行く末をめぐって、いろいろ議論がある。鳩山さんが、抑止力って言ったけれども、防衛参事官、防衛研究所所長、内閣官房副長官補まで務めた柳沢さんまでものこの点では、異論を発言しているのは有名な話。少し前に毎日新聞に掲載された、森本さんとの対談は、なかなかおもしろかった。森本さんはアジア規模での抑止力とか言って逃げの一手だったものね。

 ただ抑止力の問題は、結局は、日米同盟のありように結びつく。アメリカでも、現在の日米同盟のあり方そのものを前提に、日米関係を論じていいのかという議論が目立つ。元国務次官補のローレスや国防筋のような、ならば日本は世界的規模でどう役割を果たすのかというような日本への恫喝のような議論もあれば、最近、話題のパッカードのような、現在の日米同盟の維持への懐疑と新たな日米同盟像をめざすような少しだけ、落ち着いた議論もある。ただ、アメリカ自身の議論は、アメリカの未来を描けないという共通の問題があるんだと思う。イラクやアフガンの行き詰まりに汲汲としていて、覇権的な世界戦略をもてないということか。だから、日本の対米追随派は未来を描けない。米軍再編を積極的に受け入れたけれども、その意義を積極的に描くことができず、いろいろ、疑問が生ずることになる素朴な?「抑止力」を強弁するという図式なんだろうなと思う。

 では、日米同盟の”先”をどう描くのか? では柳沢さんたちは、未来をどのように描くのか、ここのところは、うーん、どうなんでしょうね。まあ、そんなことは、野暮な話だけれども、そんないろいろな議論を視野に描きながら、少し、こういう根底から問いかけているような議論の中で、自分は、どんな未来を議論するのかということを、いろいろ勉強したいという思いだけはあるんですけれどね。なかなか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 日本の、これから ダイジョーブだよね? 若者とニッポン | トップページ | イギリスと日本のあいだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48298376

この記事へのトラックバック一覧です: 日米同盟 抑止力 あれこれ:

« 日本の、これから ダイジョーブだよね? 若者とニッポン | トップページ | イギリスと日本のあいだ »