« 卒業危機:生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に | トップページ | 病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~ »

2010/05/23

普天間、辺野古移設を初表明=首相、県外守れず陳謝-名護市長反発

 今日の最大のニュースは何と言ってもこれ。

普天間、辺野古移設を初表明=首相、県外守れず陳謝-名護市長反発(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は23日、沖縄県を訪問し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐって仲井真弘多知事、稲嶺進名護市長と相次いで会談した。首相は名護市辺野古周辺に移設する方針を初めて正式表明。米ヘリ部隊訓練などの基地機能を極力、県外に移す考えも伝え、「県外移設」の約束が果たせなかったことを陳謝した。これに対し、地元や連立与党の社民党は強く反発しており、移設実現は展望が開けない状況だ。
 首相が表明した移設先は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に代替施設を造る現行計画にほぼ沿った内容。昨年の衆院選での「県外移設」の約束をほごにし、現行計画に戻ったことで、首相の政治責任が厳しく問われそうだ。
 首相は県庁で仲井真知事と会談し、「代替地は県内、辺野古付近にお願いせざるを得ないとの結論に至った。断腸の思いで下した」と表明。「在日米軍の抑止力を低下させてはならない」と理解を求めた。
 その上で「米軍の訓練をできる限り県外に移し、沖縄の負担軽減と危険性除去の実を上げることが大事だ」とし、27日の全国知事会議で協力要請すると強調。「『できる限り県外』という私自身の言葉を守れなかったこと、県民に混乱を招いたことを心からおわびする」と陳謝した。
 これに対し、仲井真知事は「衆院選以来、『県外・国外』という県民の熱い思いが高まっていて、落差が非常に大きい」と強い不満を表明。「時間をかけて説明と納得のいく解決策を出してもらうしかない」と求めた。…

 会談の詳細は沖縄タイムス。

 沖縄では号外もでている。

 何度もこのブログで書いているし、本職の方でも論じてきたわけだけれども、4月25日の県民大会、5月4日の鳩山来沖後、沖縄の怒りは、もう後戻りできないところにある。揺らぐことのない怒りだ。
 第二の返還闘争と言える、この事態に、連帯してたたかわないと。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 卒業危機:生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に | トップページ | 病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48441184

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間、辺野古移設を初表明=首相、県外守れず陳謝-名護市長反発:

» 普天間移設:首相「辺野古」を初表明   自分勝手に米軍の抑止力が何かを決めるな [自分なりの判断のご紹介]
鳩山首相は退陣すべきと 当ブログで述べています。 それは、沖縄問題に関しての 責任ということではなく、 その過程で示された 鳩山首相ご自身および首相周辺と しての問題把握能力、処理能力の 無さが、今後の日本を... [続きを読む]

« 卒業危機:生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に | トップページ | 病院は建てたけれど~地域医療・混乱と模索の現場から~ »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30