« 首相「普天間なんて知らなかったでしょう」 不用意発言を連発 | トップページ | 現代日本の教育課題と民主教育研究所 »

2010/04/17

虐待の傷を超えて

10041700 NHKのAtoZで、表題の番組をやっていたのを録画して観た。
 情短といわれる「情緒障害児短期治療施設」、つまり、一般の児童擁護施設とはちがい、軽度の情緒障害をもつ子どもたちの治療施設なのだけれども、虐待の心の傷をうけた子どもたちがやってくる。その五〇〇日を追った、ドキュメント。児童養護施設のドキュメントは何本か見たことがあるが、情短という施設については詳しくは知らなかった。
 最初、見始めたときは、いろいろ注文をつけたくなる気がしたけれど、あらためて、心の傷というものからの回復ということに、どう向き合うのか、そのとりくにには圧倒されるし、いろいろ考えさせられた。その仕事の重みというものも考えさせられるし、そのためにも社会がどうあるべきかということも。

 心が詰まった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 首相「普天間なんて知らなかったでしょう」 不用意発言を連発 | トップページ | 現代日本の教育課題と民主教育研究所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48113211

この記事へのトラックバック一覧です: 虐待の傷を超えて:

« 首相「普天間なんて知らなかったでしょう」 不用意発言を連発 | トップページ | 現代日本の教育課題と民主教育研究所 »