« 伊達判決で日米会談 米圧力疑惑の記録開示 | トップページ | 介護保険「維持できない」市町村87%…読売調査 »

2010/04/04

佐村河内守 交響曲第一番

Img015 仕事が遅れているというのに、今日は、とにかく、この曲を聴いてみたくて、東京芸術劇場に行ってきた。クラシックは嫌いではないけれど、コンサートにいくなど、めったにない。この作曲家を知ったのは、障害のある子どもたちとの交流の話から。なにしろ、全聾の作曲家である。そして、広島でのサミット。彼自身、被爆2世であり、そのためにさまざまな苦悩に直面してきた。
 でも、曲そのものは聴いたことはなかったし、ましてやCDになっているわけではない。だから、ずっとどんな曲なのか一度でいいから聴いてみたかった。

 ボクは、音楽には詳しくないし、その善し悪し、演奏の善し悪しなどはよくわからない。でも、彼の曲は、実は、いわゆる小難しい”現代音楽”などとはまったくちがって、とてもわかりやすいものだった。冒頭から、暗く、低く、不安と恐怖にいろどられて演奏がはじまる。全編の曲を覆うのは”苦悩”だろう。決意や怒り、平穏などが織り込まれるのが、それがいつも断ち切られる。それは、最後の5分ほどにすべて、流れ込む。それは”希望”であり、”願い”なのだろう。核兵器廃絶…。さすがに、最後は涙が出てきた。全編、そういう”祈り”と言えるような曲だった。

 会場には本人も登場した。この曲をとりあげた大友直人さんに感謝。

 今年8月には、日本ではじめて、全楽章通しでの演奏が京都でおこなわれるそうだ。行きたいなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 伊達判決で日米会談 米圧力疑惑の記録開示 | トップページ | 介護保険「維持できない」市町村87%…読売調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47998042

この記事へのトラックバック一覧です: 佐村河内守 交響曲第一番:

« 伊達判決で日米会談 米圧力疑惑の記録開示 | トップページ | 介護保険「維持できない」市町村87%…読売調査 »