« 月あかりの下で | トップページ | なくそう! 子どもの貧困 子どもの貧困解決元年2010 »

2010/04/24

在外基地縮小訴え NGOが集会開催 サンフランシスコ

 岡田さんが現行案を受け入れたという報道がワシントンポストにのった。岡田さんは否定、一方で、平野さんが、「日米合意案を沖合に移動させた修正案で最終的に決着を図ることを念頭に関係省に指示していたことが23日、複数の政府関係者の話で分かった」という報道も(琉球新報)。一体、この政権はどこに向かっているのか。

 一方、アメリカでは、「米国防総省が地球上のどこであっても1時間以内に攻撃できる通常兵器を開発しており、早ければ2014年の配備開始を構想している」(共同)という報道もある。ならば、沖縄の米軍基地にはどんな意味があるのか?

 また、こんな記事があった。

在外基地縮小訴え NGOが集会開催 サンフランシスコ(琉球新報)

 沖縄やグアムなどの女性を中心に構成し、米カリフォルニア州を活動拠点とする非政府組織(NGO)9団体の幹部30人が現地時間の22日、サンフランシスコ市内の教会で普天間飛行場など在外基地縮小を求める集会を開いた。参加者らは「基地こそ最大の環境汚染」と訴え、基地不要論を展開した。
 集会を呼び掛けた「ウーマン・フォー・ジェニュイン・セキュリティー」のデボラ・リーさんは「米国は、核軍縮の動きと連動して各国の米軍基地縮小を検討すべきだ。普天間飛行場は県外や国外移設ではなく撤去が妥当」と指摘。有識者などを含む約100のNGOが署名した、在沖縄基地縮小を求める要望書をオバマ大統領や国防総省に同日郵送したと述べた。…

 いよいよ明日、普天間基地撤去を求める県民大会が知事も参加して開かれる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 月あかりの下で | トップページ | なくそう! 子どもの貧困 子どもの貧困解決元年2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48172803

この記事へのトラックバック一覧です: 在外基地縮小訴え NGOが集会開催 サンフランシスコ:

« 月あかりの下で | トップページ | なくそう! 子どもの貧困 子どもの貧困解決元年2010 »