« 小沢一郎氏「起訴相当」と議決 陸山会事件で検察審査会 | トップページ | コンクリートから子どもたちへ »

2010/04/28

さようなら 井上ひさしさん

 日曜日に放映されたNHKの番組だけど、仕事ででていたので、やっと今日、録画していたものを見た。とてもよかった。
 やっぱり、ボクにとっては巨人だったよなあ。
 番組を見ていて、その柱はやっぱり
 笑い、つまり、人間
 庶民、つまり、生活
 そして、平和、つまり、生命ということか。


むずかしいことをやさしく
やさしいことをふかく
ふかいことをゆかいに
ゆかいなことをまじめに
書くこと

 それはそうなんです。
 膨大な知識に裏づけられた、妥協ない仕事。

 自分の小ささなんて、比較の対象外。
 でも、それでも、少しは、がんばろうって、そう思った。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 小沢一郎氏「起訴相当」と議決 陸山会事件で検察審査会 | トップページ | コンクリートから子どもたちへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48208956

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら 井上ひさしさん:

« 小沢一郎氏「起訴相当」と議決 陸山会事件で検察審査会 | トップページ | コンクリートから子どもたちへ »