« 野中さんはすべてを語るべきだ、し、TBSはなぜ突っ込まないのか | トップページ | 4月25日(日)に、「なくそう! 子どもの貧困 子どもの貧困解決元年2010」 »

2010/04/21

障害者自立支援法訴訟が終結 東京で14地裁最後の和解

 仕事はいまがピーク。夜遅くまでの仕事です。疲れたあ。

障害者自立支援法訴訟が終結 東京で14地裁最後の和解(共同通信)

 国と原告側が終結に合意した障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、東京都内の身体・知的障害者らが提訴した訴訟は21日、東京地裁(八木一洋裁判長)で和解が成立した。全国14地裁で争われた一連の違憲訴訟は全面終結した。
 午後には合意事項の履行状況などを検証するための国と原告側の第1回定期協議が都内で開かれる。
 和解に先立つ弁論では原告側が意見陳述。重い身体障害のある家平悟さん(38)が車いすで証言台に進み「障害の有無や軽重の違いで福祉サービスを受ける負担が増減するような仕組みは法の下の平等の侵害だ。今回の訴訟の成果をほかの社会保障制度の改善にもつなげてほしい」と要望。…

 合意は、やっぱり出発点。もちろん、合意そのものの法的な意義というものは、たぶん汲み尽くせないものがあうるのだと思います。弁護団の藤岡さんは次のように言っています。「2013年8月の新法制定までが、私たちの次なる大切な、闘い、運動です。天下の悪法障害者自立支援法を葬り去り、では、私たちがどのような、全ての障害者、市民が安心して暮らせるための法律、制度を作っていくか、これからがまた正念場です」。
 「障害者自立支援法訴訟の基本合意の完全実現をめざす会(めざす会)」が結成され、国との第1回検証会議が開催されます。障がい者制度改革推進会議の議論とあわせ、注目していきたいし、新しい法律をめざす闘いに、連帯していきたいと思います。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 野中さんはすべてを語るべきだ、し、TBSはなぜ突っ込まないのか | トップページ | 4月25日(日)に、「なくそう! 子どもの貧困 子どもの貧困解決元年2010」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48148808

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者自立支援法訴訟が終結 東京で14地裁最後の和解:

« 野中さんはすべてを語るべきだ、し、TBSはなぜ突っ込まないのか | トップページ | 4月25日(日)に、「なくそう! 子どもの貧困 子どもの貧困解決元年2010」 »