« 新入生21人に正座3時間 長崎の高校、不適切発言も | トップページ | 「母子家庭の子どもと教育」 アンケート調査結果 報告会 »

2010/04/11

憲法改正「賛成」減少43%、「反対」と拮抗

 先日、恒例の読売憲法世論調査が発表されたのでクリップしておく。

憲法改正「賛成」減少43%、「反対」と拮抗(読売新聞)

 読売新聞社が3月27、28の両日に実施した憲法に関する全国世論調査(面接方式)によると、憲法を「改正する方がよい」とする人は43%、「改正しない方がよい」は42%だった。
 昨年3月調査では改正賛成(52%)が改正反対(36%)を大きく上回っていたが、今回は賛否が拮抗(きっこう)した。一方、国会が憲法改正論議に取り組むべきだという回答は7割を超えた。
 改正論が減少した背景には、「護憲」を掲げる社民党が参加する鳩山内閣での憲法論議の停滞や、景気対策、米軍普天間飛行場移設など喫緊の課題が山積していることがあると見られる。
 改正賛成派は、民主支持層で42%(昨年53%)、自民支持層でも41%(同54%)にとどまり、ともに反対派を下回った。
 戦争放棄などを定めた憲法9条についても、「解釈や運用で対応するのは限界なので改正する」が32%(昨年38%)に減少し、「これまで通り解釈や運用で対応する」44%(同33%)が上回った。…

 くわしい調査がここ。

 昨年は逆揺れという印象がったけれども、ことしは、再び改憲反対、9条改憲反対が鮮明にでたようだ。
 改憲手続き法施行の問題もあるが、普天間にしろ、核密約にしろ、防衛大綱の問題にしろ、目の前で壊憲がすすんでいるのも事実。そんななかで、5/3を迎えることになる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 新入生21人に正座3時間 長崎の高校、不適切発言も | トップページ | 「母子家庭の子どもと教育」 アンケート調査結果 報告会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48052334

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改正「賛成」減少43%、「反対」と拮抗:

« 新入生21人に正座3時間 長崎の高校、不適切発言も | トップページ | 「母子家庭の子どもと教育」 アンケート調査結果 報告会 »