« ブッシュ時代から変化したNPRと核兵器体制への固執 | トップページ | 新入生21人に正座3時間 長崎の高校、不適切発言も »

2010/04/10

「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに

 読売新聞のWeb版で、次のような記事を見つけた。

「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)

 日米地位協定の前身にあたる日米行政協定で、日本に駐留する米兵らの犯罪について、米側に実質的に裁判権を譲るとした日米間の「秘密合意」が存在したことが10日、外務省の調査で明らかになった。
 日米行政協定では、米兵らの公務外の犯罪は日本に裁判権があると規定していたが、研究者らが米国の公文書で秘密合意の存在を発見、指摘してきた。日本側でこの点が判明したのは初めて。
 文書は、1958年10月4日に当時の岸信介首相、藤山愛一郎外相とマッカーサー駐日米大使らが日米安全保障条約の改定交渉をした際の「会談録」。外務省が昨年、日米間の核持ち込みなどの「密約」に関して調査した際に見つかった。
 この中で、マッカーサー大使は、日米行政協定の改定をめぐって開かれた53年10月28日の日米合同委員会の議事録に、米兵の公務外での犯罪について、「日本側は裁判権の行使を譲る」と記録されていることを指摘。大使は「公にして差し支えないなら、甚だ好都合である」と日本側に公表するよう求めたが、日本側が応じなかった経緯が記録されている。この結果、裁判権の放棄は、秘密合意のまま維持されたとみられる。
 …在日米軍をめぐっては、国際問題研究者の新原昭治氏が2008年、米国の国立公文書館で、日本側が日米合同委員会で「日本に著しく重要と考える事件以外では、裁判権を行使するつもりがない」との見解を示した文書を発見した。今回の文書はこれに符合する。…

 記事のなかにあるように、この「密約」は、新原さんが、一昨年見つけたもので、それを外務省がはじめて認めたことになる。これは、最近いたるまで問題になっていることでもあるだけに、今後の外務省の対応が注目される。地位協定への態度もどう考えるのだろうか。
 ちょうど、毎日新聞から、吉田さんが、この問題をあつかった『密約』という本を出していて、それをいま読み始めている。今月末には布施さんも同じテーマの本を出す。
 核密約といい、本質的には、アメリカが基地を自由に使うことと、日本の主権という問題の矛盾を覆い隠すために汲汲としていた姿がそこにあるということなのだろうと思う。それは、安保がいま改めて問われているということもでもあると思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« ブッシュ時代から変化したNPRと核兵器体制への固執 | トップページ | 新入生21人に正座3時間 長崎の高校、不適切発言も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/48052211

この記事へのトラックバック一覧です: 「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに:

« ブッシュ時代から変化したNPRと核兵器体制への固執 | トップページ | 新入生21人に正座3時間 長崎の高校、不適切発言も »