« 歴博、沖縄戦「集団自決」展示 きょうから一般公開 | トップページ | 「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き-厚労省 »

2010/03/16

霧の旗

 何度も、映画化されたり、ドラマ化されたりした清張の秀作。今夜の海老蔵、相武紗季のドラマは、これまでとは、少し違ったつくりあげ方になっている。裁判で救われない事実の告発という社会性は、いささか弱いのかもしれない。もともと救いのない話だけど、原作にないラストの救いは、いまという時代の閉塞ゆえなのだろうか? 「恨」だけでは、先が見えない時代なのだろうか?

 今夜は、かつての上司のお通夜に行ってきた。ボクの仕事の上での師匠みたいな人だった。いろいろなことがあって、しばらくあっていなかったけれども。決して、寂しい通夜ではなかったけれども、ボクには寂しい場所だった。とても、つらかった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 歴博、沖縄戦「集団自決」展示 きょうから一般公開 | トップページ | 「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き-厚労省 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の旗:

« 歴博、沖縄戦「集団自決」展示 きょうから一般公開 | トップページ | 「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き-厚労省 »

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31