« 核密約「引き継ぎ書」確認、政府見解変更へ | トップページ | もっと知りたい! 本当の沖縄 »

2010/03/04

「辺野古案でなければ海兵隊撤退も」元米国防副次官

 普天間をめぐる問題の動きも激しい。そこで、ローレスのインタビューのニュースをクリップ。

「辺野古案でなければ海兵隊撤退も」元米国防副次官(朝日新聞)  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設をめぐり、名護市辺野古沿岸に代替施設を建設するとした現行合意の交渉に米政府代表としてかかわったローレス元米国防副次官が、都内で朝日新聞のインタビューに応じた。代替案の一つとして政府・与党内で浮上しているキャンプ・シュワブ陸上案は不十分として退けたうえ、鳩山政権が現行合意以外の選択をした場合には、米国は海兵隊の撤退を考える可能性もあると指摘した。…

 インタビューのおもなやりとりの内容はこれ

 脅しと言えば脅しだけれども、同時に、基地と自衛隊の役割分担をめぐるアメリカの議論の1つがよくわかるような気がする。この後者の問題も実は、重要な論点であるような気がするのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 核密約「引き継ぎ書」確認、政府見解変更へ | トップページ | もっと知りたい! 本当の沖縄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47727037

この記事へのトラックバック一覧です: 「辺野古案でなければ海兵隊撤退も」元米国防副次官:

« 核密約「引き継ぎ書」確認、政府見解変更へ | トップページ | もっと知りたい! 本当の沖縄 »