« 赤旗配布で逆転無罪判決 公務員の政治活動「全面禁止は違憲」 | トップページ | 国民生活センターが、2009年度も学童保育に関する調査研究 »

2010/03/29

卒業後3年は新卒扱いに 大学生の就職、学術会議提案

 仕事の山場がすぎても、次の山場が控えていて、またがんばらなければいけません。今日は、次の課題にむけて、いろいろ調べもの。インタビューの骨格づくりに入る。なかなか疲れがとれていないので、すすまない。夜は、頼まれ原稿に向かう。

 さて、今日の朝刊にこんな記事がのっていた。

卒業後3年は新卒扱いに 大学生の就職、学術会議提案(朝日新聞)

 大学生の就職のあり方について議論している日本学術会議の分科会は、新卒でなければ正社員になりにくい現状に「卒業後、最低3年間は(企業の)門戸が開かれるべきだ」とする報告書案をまとめた。最終報告書は近く、文部科学省に提出される。同会議は、今の就職活動が、学生の教育研究に影響しているとして、新しい採用方法の提案などで大学教育の質についての検討にもつなげたい考えだ。
 日本学術会議は、国内の人文社会・自然科学者の代表機関で、文科省の依頼を受けて話し合っている。報告書をもとに同省は議論に入る。
 今回、就職にかんする報告書案をつくったのは「大学と職業との接続検討分科会」で、就職活動早期化で、大学4年間で学ぶ時間を確保できにくくなっている弊害などが出ていることから、対策を考えてきた。
 日本の企業は、大企業を中心に、新卒者を採用する傾向が強い。中途採用はあるものの枠は狭く、希望の企業に採用されなかった学生が「新卒」の肩書を持つために、留年するケースもある。
 報告書案では、「新卒一括採用方式」について、特定の世代に景気変動の影響が出やすい点を問題視。卒業後すぐ採用されなければ正社員になるのが難しいことから、卒業後最低3年は在学生と同様に就職あっせんの対象にすべきだとした。 …

 この委員会については、これまでの審議が公開されている。が、まだ報告書はアップされていない。

 たぶん議論は、本田さんや児美川さんあたりが中心となっているようなので、ちょっと期待したい。報道にあるような、就職活動をめぐる問題だけではなく、もっと、どう大学と就職という問題をつないでいくのかということに踏み込んだ議論がなされているようだ。それだけではなく、これだけ不安定化したもとで、この時期のセフティネッとのあり方にもふれているようだ。
 それぐらい、就職に直面している若者の現在は不安定である。それはいまが不安定であるだけでなく、一定の(長期にわたる)期間の不安定さだ。それが、これだけ社会的な問題になっていることに、大学の側も、社会の側もいろいろな議論がはじまっているということの現れなのだろう。願わくば、もっと当事者の若者の声をよく聞いて、その力に依拠しながら、よりふさわしい改善のありようを議論してほしいと思う。そうでなければ、結局、経済界の都合に左右されてしまう。

 わが家の長男も4月からは社会人となる。それは、やはり、そんなに安定的ではない。どんな人生の第一歩をふみだしていくのだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 赤旗配布で逆転無罪判決 公務員の政治活動「全面禁止は違憲」 | トップページ | 国民生活センターが、2009年度も学童保育に関する調査研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47945897

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業後3年は新卒扱いに 大学生の就職、学術会議提案:

« 赤旗配布で逆転無罪判決 公務員の政治活動「全面禁止は違憲」 | トップページ | 国民生活センターが、2009年度も学童保育に関する調査研究 »