« 都立高定時制、2次の不合格者2.7倍 不況で出願増か | トップページ | 星を守る犬 »

2010/03/30

小学教科書、理算3割増=さらに厚く、ゆとり脱却-新指導要領に対応・文科省検定

 ニュースをクリップ。そう教科書の問題。

小学教科書、理算3割増=さらに厚く、ゆとり脱却-新指導要領に対応・文科省検定(時事通信)

 文部科学省は30日、小学校で来春から使われる教科書を審査した2009年度検定の結果を発表した。学習内容を増やした新学習指導要領に対応する初の検定で、ページ数(申請段階、B5判換算)は現行教科書に比べ全教科平均で24.5%増加。特に理科は36.7%、算数は33.2%増えた。申請があったのは9教科148点で、すべてが合格した。
 来年4月から全面実施される新指導要領では理科、算数の授業時間が以前より各16%程度拡大したが、ページ数の増加はこれを上回った。学習内容を3割削減した現行指導要領の「ゆとり教育」から、完全に脱却することになる。…

 「ゆとり」「ゆとり」って言われているが、前回の指導要領のもとでおこなわれた教育というものについての、つっこんだ検証など、実は聞いたことはない。なんの検証もなく、教科書が劇的にかわれることで、教室はいったいどのようになっていくのだろうか。
 教科書は主たる教材というのが文科省の見解で、実は、教科書はすべてそれを活用しなければならないわけではない。が、しかし、実際には、その厳格なる活用のプレッシャーは、現場の教師に対してものすごく加えられることになる。ならば、これだけ分厚くなった教科書で、教師たちはいっそうの圧力にさらされるのだろうか?

 それだけではない。今度の教科書には、「道徳」や「伝統」というものが、新教育基本法をうけて、あふれている。もっとも気になるのは、やはり、徳目の押しつけ的な記述。

 すでに、新学習指導要領は、先行実施がはじまるわけで、ほんとうに、教室がどうなるかは心配されるのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 都立高定時制、2次の不合格者2.7倍 不況で出願増か | トップページ | 星を守る犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47954679

この記事へのトラックバック一覧です: 小学教科書、理算3割増=さらに厚く、ゆとり脱却-新指導要領に対応・文科省検定:

« 都立高定時制、2次の不合格者2.7倍 不況で出願増か | トップページ | 星を守る犬 »