« 貧困の連鎖に歯止めを イギリスの取り組みに学ぶ | トップページ | 知る楽 歴史は眠らない ”貧困”国家 日本の真相 明治の貧困と闘った男 »

2010/03/02

学費滞納で卒業式出さず 愛知高、女子生徒1人

 昨日や今日は、実務仕事が多い。来週の出張の準備などもすすめる。チケットをとったりも。午後は、会議もある。気分はそろそろ、沖縄モードにしなければならない。

 さて、昨日は高校の卒業式が多くおこなわれていた。今年の卒業式は、去年にまして厳しい。


学費滞納で卒業式出さず 愛知高、女子生徒1人(中日新聞)

 名古屋市千種区の私立愛知高校が2日に行った卒業式で、女子生徒1人を学費滞納を理由に出席させなかったことが分かった。同校によると、保護者の経済的な理由で学費を滞納していた。
 学校の説明では、最終期限の2月25日までに納付が完了しなかったため、内規に従って卒業を保留とし、卒業証書を渡さなかったという。内規では、卒業の条件の一つとして学費納付を求めている。この日、女子生徒は自宅で待機した。
 同校の学費は月額約3万6千円。女子生徒は3年生になってから滞納が目立つようになった。同校はこれまで何度か保護者に納付を督促するとともに、国の貸付金制度を紹介するなどの対応を取ってきた。
 女子生徒は必要な単位を取得し、進学する大学も決まっている。保護者には、卒業式に出席できないことを伝えてあった。3月末までに納付すれば卒業でき、校長室で卒業証書を手渡すという。
 …卒業に必要な単位を取得しながらも学費未納を理由に生徒を卒業式に出席させないなどのケースは昨年、全国各地で判明した。
 山口県では私立7高校が卒業生計13人に証書を渡さなかったり、渡してもその後に回収したりしていた。山梨、佐賀、福井各県でも同じ事例があった。愛知県では県立4校で未納の生徒に渡さなかった。
 不況の影響で学費の滞納は増加傾向。教育関係者によると、学校側が「学費を納めないと、成績にも影響する」と生徒に日常的に“圧力”をかける場合もあるという。…

 卒業の基準は、本来、高校の教育課程を修了しているかどうかにあるはず。ただ、私学の場合は、この問題は、経営に直結するから、単純に、私学だけを責めるわけにはいかないのもわかる。それでも、卒業式に出さないというのはいかがなものか。ほかに方法はないのか? 公立の話は、ほんとうに悲しくなる。それでも、あきらめずに、最後まで、いろいろな取り組みが求められる。このブログで紹介しているような相談に応じる民間の団体もある。
 若者から笑顔を大人が奪うのでは、大人の存在のあり方そのものが問われることを意味する。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 貧困の連鎖に歯止めを イギリスの取り組みに学ぶ | トップページ | 知る楽 歴史は眠らない ”貧困”国家 日本の真相 明治の貧困と闘った男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47710034

この記事へのトラックバック一覧です: 学費滞納で卒業式出さず 愛知高、女子生徒1人:

« 貧困の連鎖に歯止めを イギリスの取り組みに学ぶ | トップページ | 知る楽 歴史は眠らない ”貧困”国家 日本の真相 明治の貧困と闘った男 »