« 歴史共同研究 日韓 教科書の溝鮮明 | トップページ | 現実と向きあう教育学 »

2010/03/24

沖縄基地問題の歴史 非武の島、戦の島

07374 2年ぐらい前に出た本だけれど、無茶苦茶おもしろかった。

 1972年5月15日、自らは出席しなかった沖縄返還協定調印式の日の日記に、屋良朝苗知事は、こう記した。「またまた茨の道、斜の山はつづく」。
 島の二割近くを占める基地群、軍用機の騒音や墜落事故、環境汚染・環境破壊、米兵による事件や事故、さまざまな不平等や問題をかかえた地位協定、基地関係財源に深く依存した自治体経済…返還から35年以上たっても、沖縄は「問題」でありつづけている。このような状態が、沖縄にとって「講和」となるはずであった復帰にのぞんで沖縄の人々が描いた将来の姿だったのだろうか。かつて「非武の島」といわれた沖縄は、なぜ「戦の島」となってしまったのだろう。
 本書は、「最重要基地」としての米国の沖縄戦略の経緯を1945年3月の「沖縄戦」以前から書きおこし、沖縄戦の詳細、日米安保体制の形成と展開、「復帰」後までを、一方での外交文書の博捜と読解、他方での沖縄現地の動向の両方を合わせ鏡に、綿密に描く。吉田=ダレス会談や佐藤=ジョンソン声明の背後に何が動いていたか。「五・一五」メモ等を通してみえる日米政府のビジョンとは? 基地問題を中心に、「復帰の主人公」が作りだす物語と「施政権者」や「潜在主権」保有者の作りだす物語を、ときに交錯させ、ときに対位法的に描いた本書から、沖縄の過去・現在・未来を考えたい。(みすず書房のホームページより)

 プレーヤーは、国防総省、国務省、日本政府、沖縄、そして国際社会というところか。国防総省と国務省は、国際社会の動向を背景に、一定の緊張関係をもつ。日本政府は、まず、アメリカの庇護をと、汲汲とした態度でアメリカにつきしたがう。そのもとで、一貫して、沖縄は米軍にとって、排他的な権限を沖縄の基地では有してきた。だからこそ、沖縄の基地をめぐって、沖縄とのあいだではわかちがたい矛盾が拡大していく。いまの沖縄の問題医の根源を、さまざまな外交文書を読み解きながら、たどるという好著である。ものすごく勉強になりました。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 歴史共同研究 日韓 教科書の溝鮮明 | トップページ | 現実と向きあう教育学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47900859

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄基地問題の歴史 非武の島、戦の島:

« 歴史共同研究 日韓 教科書の溝鮮明 | トップページ | 現実と向きあう教育学 »