« 核持ち込みなど3密約認定 外務省有識者委報告 | トップページ | 自殺と貧困から見えてくる日本~生きていてもいい。つながりから広がる私たちができること~ »

2010/03/09

「髪長い」卒業式参加認めず 兵庫の高校で

 卒業クライシスという言葉はことしかなり定着した。学費をめぐる卒業の問題と、そして卒業後の就職の問題。今日もクローズアップ現代で「卒業ソングに託す思い」と題して、レミオロエンの歌に引き寄せながら、「高卒者の就職内定率は過去最悪レベルに落ち込み、将来が見通せない今、若者たちはこの歌をどのような思いで聞き、そして唄うのか。厳しい時代に乗り出そうとする高校生の姿を見つめ、その旅立ちにエールを送りたい」という番組をやっていた。
 そんな深刻な問題ではないのかもしれないえれども、おどろくような記事があった。

「髪長い」卒業式参加認めず 兵庫の高校で(共同通信)

 兵庫県明石市の県立明石城西高校で2月27日に開かれた卒業式で「校則に反して髪が耳にかかっている」として卒業生の男子生徒3人を参加させず教室で待機させていたことが9日、分かった。
 同校によると、男子生徒の保護者の一部が「一生に一度の機会なのに」と対応を批判。学校側は「3年間指導し続けてきたことであり、違反すれば式に参加できないことは本人たちも認識していた」としている。…

 たぶん、この学校は新進の進学校なのだろうか? こんなことで生徒を押さえつけないと、教育が成り立たないのだろうか? 当事者の子どもだけではなく、同級生が卒業式をこんな理由で参加できなかったことをよこで見ていた子どもたちが、どんなものを抱えて巣立っていくのかを考えると、ちょっと気持ちが重くなる。
 語れない、前に踏み出せない若者たちが、大学のなかでは、いろいろな課題を抱え、模索する。そんな子どもたちや若者たちを支えるということを教育がまず大切にしているのだろうか。それ以外の数を優先させているのなら、それはあまりにも悲しいのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 核持ち込みなど3密約認定 外務省有識者委報告 | トップページ | 自殺と貧困から見えてくる日本~生きていてもいい。つながりから広がる私たちができること~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47770671

この記事へのトラックバック一覧です: 「髪長い」卒業式参加認めず 兵庫の高校で:

« 核持ち込みなど3密約認定 外務省有識者委報告 | トップページ | 自殺と貧困から見えてくる日本~生きていてもいい。つながりから広がる私たちができること~ »