« 日本の、これから いま考えよう日米同盟 | トップページ | 名護市長「絶対許さない」 陸上案検討の政府を批判 »

2010/03/13

狙われた海〜沖縄・大浦湾 幻の軍港計画50年〜

 早朝からの仕事だったので、だいぶ眠い1日だった。職場に行って、インタビューの仕事をする。なかなか眠いので、仕事が思うようにすすまない。そこで、気持ちを高めるために、Youtubuで、表題の動画(琉球朝日のドキュメント)を見る。
http://www.youtube.com/watch?v=UrLM3hkd5cY&feature=related

 これがとてもよかった。
 沖縄の基地問題の根源に思いをはせる。サンフランシスコ条約3条にもとづく分離支配のもとでの、無法な、これは明らかに無法な土地のとりあげ。その絶望は深いものがある。そのもとでの沖縄のたたかいである。50年前の大浦湾のたたかいは、暗黒と言われた50年代の沖縄――その典型が、やっぱり人民党事件であり、瀬長追放か――を乗り越えて、60年代のたたかいにつながっていくなかので、たたかいだ。
 そういう無法化の沖縄の怒りと、たたかいの歴史のうえに、いまの普天間・辺野古の問題があるということを改めて考えさせられた。沖縄のたたかいは歴史を背負ったたかいだ。そのことをよく考えたいし、それが、日米同盟のありようを根源から問いかけているということをも意味しているだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 日本の、これから いま考えよう日米同盟 | トップページ | 名護市長「絶対許さない」 陸上案検討の政府を批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47803636

この記事へのトラックバック一覧です: 狙われた海〜沖縄・大浦湾 幻の軍港計画50年〜:

« 日本の、これから いま考えよう日米同盟 | トップページ | 名護市長「絶対許さない」 陸上案検討の政府を批判 »