« 卒業後3年は新卒扱いに 大学生の就職、学術会議提案 | トップページ | 日米密約:検証委と異なる「私見」春名委員 »

2010/03/30

国民生活センターが、2009年度も学童保育に関する調査研究

 ニュースでは知っていたけど、あらためて学童保育の関係者から資料が届けられたので紹介しておく。

 国民生活センターが、2009年度も学童保育に関する調査研究を行い、2010年3月、学童保育の拡充に対する提言を行ったというもの。調査研究のテーマは「学童保育サービスの環境整備に関する調査研究」。

 市町村調査はこれまでもあったが都道府県調査が今回の特徴。全国的な格差はいっそう浮き彫りになっている。実態を十分掌握でててないところもいまだ存在する。

 調査の概要と提言はここにある。 
 報告書の目次ももらったので紹介すると。「2010.pdf」をダウンロード

 この報告書をうけ厚労相の育成環境課は3月18日、都道府県に通知を出した。「2010.3.18.pdf」をダウンロード

 では、国や厚生労働省の責任、責務とは何なんだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 卒業後3年は新卒扱いに 大学生の就職、学術会議提案 | トップページ | 日米密約:検証委と異なる「私見」春名委員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47946151

この記事へのトラックバック一覧です: 国民生活センターが、2009年度も学童保育に関する調査研究:

« 卒業後3年は新卒扱いに 大学生の就職、学術会議提案 | トップページ | 日米密約:検証委と異なる「私見」春名委員 »