« 小選挙区制の母国イギリスでは…… | トップページ | 裁判員へ~元死刑囚・免田栄の旅~ »

2010/02/14

菅氏、3月にも消費税議論 歳入増目指し前倒し着手

 上村さん、メダルに届かずに、ちょっと残念だったね。ぜひ、メダルをとらせたかったけども、本番で、4位につけてくるところはさすがです。拍手を送りたいですね。

 さて、気になるニュースです。

菅氏、3月にも消費税議論 歳入増目指し前倒し着手(共同通信)

 菅直人副総理兼財務相は14日、消費税率の引き上げを含む税制の抜本改正について、3月にも政府税制調査会で議論を始める方針を明らかにした。
 これまで菅氏は歳出削減による財源捻出を優先させ、消費税率の本格的な議論は2011年度から始めるとの考えを示していた。しかし社会保障関連費など歳出の一段の拡大が予想され、税収を増やすための論議に前倒しで着手する必要があると判断した。
 菅氏は同日都内で、記者団に対し、10年度予算案が衆院を通過した後の3月にも「所得税、法人税、消費税など税全般の議論を本格的に始めたい」と説明。鳩山由紀夫首相もこうした方針を了承したという。増税時期については「これから議論する」と述べるにとどめた。…

 どんどん、消費税増税をほうに、議論が誘導されているように感じる。
 どういう国をつくるのかの明確なビジョンが示されないで、増税議論だけがこのように突出するのは、ちょっと疑問。しかも、「所得税、法人税、消費税など税全般の議論を本格的に始めたい」と言うが、所得税や法人税に対しては、必ずしもその方向性ははっきりしない。ただ消費税増税だけが浮き彫りにされています。こういう言い方もどうだろうか。もともと、国家戦略を担当していた大臣だったはずなのに、なぜ、そういう大きな国家戦略が出てこないのか。無能なのか、結論だけが先にあるのか? と言いたくなるけれど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

|

« 小選挙区制の母国イギリスでは…… | トップページ | 裁判員へ~元死刑囚・免田栄の旅~ »

コメント

■菅財務相:消費税議論「3月から」 大幅前倒し意向-今のタイミングで増税論議はまずいのでは?
こんにちは。菅財務相が、消費税率引き上げを含む税制の抜本改正の論議をはやめようとしています。はやい話が財源がないから、増税ということです。しかし、これではあまりに安易です。それに特に時期が悪すぎます。経済が上向き加減の現在、法人税も含む増税の話を切り出せば、景気に悪い影響を与えるのは必至です。今の時点なら、逆に減税の話をすべきときです。財源など本当は、何とでもなります。民主党幹部の経済音痴がますます露(あらわ)になってきました。これで、本当に単純に増税をしたら、景気が冷え込み、第二の失われた10年になってしまう可能性が大です。民主党の幹部のマクロ経済音痴は酷過ぎます。しかし、政権与党なのですから、これは直していただかないと困ります。詳細は是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010/02/15 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/47569634

この記事へのトラックバック一覧です: 菅氏、3月にも消費税議論 歳入増目指し前倒し着手:

« 小選挙区制の母国イギリスでは…… | トップページ | 裁判員へ~元死刑囚・免田栄の旅~ »